ヒヒダルマ - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ヒヒダルマ 節を編集

No.555 タイプ:ほのお ※ダルマモード時:ほのお/エスパー
通常特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり威力が1.3倍になる)
隠れ特性:ダルマモード(HPが半分以下になるとダルマモードになる)
体重  :92.9kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
モードHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ノーマルモード10514055305595480
ダルマモード1053010514010555540
物理炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヒヒダルマ10514055305595480ちからずく?/ダルマモード?
ガラガラ(アローラ)?6080110508045425のろわれボディ?/ひらいしん?/いしあたま?
ウインディ90110801008095555いかく?/もらいび?/せいぎのこころ?
エンテイ115115859075100580プレッシャー?
ブースター65130609511065525もらいび?/こんじょう?

ノーマルモードほのおダルマモードほのお/エスパー
ばつぐん(4倍)---ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリーいまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/かくとう/エスパー/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---いまひとつ(1/4)---
こうかなし---こうかなし---

炎タイプNo.1の攻撃力を持ち、特性「ちからずく」から繰り出されるフレアドライブが強力。
ゴウカザルやバシャーモに一致技の範囲では劣るが、後出しの受けならごり押しで突破できるほどの火力を持っている。
HPはそこそこ高いがメインが反動技であるため実質的にはかなりの低耐久で、典型的な「やられる前にやる」アタッカー。
とんぼがえりも使えるために、運用はスカーフが殆どである。耐久的にはドンカラスのジュエル不意打ちで高乱数1程度。

特性「ちからずく」は、使った攻撃技が特定の追加効果を持つ技だった場合に、追加効果が起こらなくなる代わりに威力を1.3倍にする特性。
対象となるのは「~%で自分の能力アップ」「~%で相手の能力ダウン」「~%で状態異常、ひるみなどを与える」の3種類。
例をあげるならば、10%でやけどを発生させる「フレアドライブ」は対象内で、自分の能力を下げる「ばかぢから」は対象外である。
「ニトロチャージ」や「がんせきふうじ」も100%の確率で能力変化ということで対象範囲内となる。

特性「ちからずく」に関するポケモンオフシャルサイトからの回答

とくせい「ちからずく」の効果は、 
【わざの追加効果がおこらない】というとくせいをもつため、 
ポケモンが持っている「どうぐ」の 
【追加効果をおこさない】というとくせいではございません。 
 
しかしながら、「いのちのたま」の場合は 
ポケモンがわざを出すことによって「どうぐ」の効果を発揮するため 
「どうぐ」の追加効果が起こりません。 
 
したがいまして、バグなどではなくソフトの仕様と
なっております。

最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ちからずく
特定の追加効果を持つ攻撃技を使った際に、追加効果が起こらなくなる代わりに威力を1.3倍にする。
対象となるのは「xx%で自分の能力アップ」「xx%で相手の能力ダウン」「xx%で状態異常、怯みなどを与える」の3種類。

例)10%で火傷を発生させる「フレアドライブ」は対象内で、自分の能力を下げる「ばかぢから」は対象外
ただし「フレアドライブ」は起こらなくなるのは火傷の発生のみで、反動は無視できない。
「ニトロチャージ」や「がんせきふうじ」も100%の確率で能力変化ということで対象範囲内。

第七世代ではちからずくでもZパワーが素早さUPの補助技で素早さを上げることができるようになったが、
初動の遅さ、耐久の低さから何もできず倒されてしまうことが多い。
ダルマモード
隠れ特性でヒヒダルマ固有の特性。耐久不足と素早さ低下で発動後の状況が悪い。
ちからずくではできない「ニトロチャージ」での素早さ強化はできるが、ちからずく適用物理炎技>特殊炎技なので基本候補には入らない。

ダルマモードの考察はノート?にあります。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力力ずく命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)234100火傷10%
反動1/3
タイプ一致技。最大火力。反動で大きく耐久を失う。
ちからずくでも反動は無効化できない。
ほのおのパンチ75(112)145100火傷10%タイプ一致技。性能安定。反動は無いが威力は低い。
ばかぢから120-100攻撃・防御↓対岩。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
アームハンマー100-90素早↓素早さ低下が痛い。威力・命中も劣る。
かわらわり75-100壁破壊ちからずくでも壁を壊せる。デメリットは無いが威力は低い。
きあいパンチ150-100優先度-3サブウェポン最大火力。あくびやみがわりとあわせて。
とんぼがえり70-100自分交代攻撃しつつ撤退。あくび・スカーフと相性がよい。
いわなだれ759790怯み30%対炎。ダブルでは相手全体攻撃。
じしん100-100-対岩。炎/格闘や水/毒にも。
しねんのずつき8010490怯み20%炎/格闘や水/毒に。ちからずくならじしんより高威力。
どろぼう60-100道具強奪ヤドランブルンゲルに有効だが、半減フレアドライブと大差無い。
変化技タイプ命中備考
あくび-流し技。とんぼがえりやきあいパンチと相性がよい。
ちょうはつ100補助技対策。耐久型に。交代読みでも撃てる。
アンコール100こちらも耐久型対策だが交代読みで撃てない。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。使う余裕はあまり無い。
はらだいこ-攻撃超強化・HP半減。味方で壁や麻痺撒き等のサポートがあるとよい。
おにび85物理アタッカー対策や、タスキ潰しに。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ252 残り耐久
持ち物:こだわりスカーフ/いのちのたま
確定技:フレアドライブ
選択技:とんぼがえり/ストーンエッジorいわなだれ/じしん/ばかぢから/ねごと/あくび/アンコール

高火力を活かしたフレアドライブで敵を潰していく。
苦手な相手や襷持ちにはとんぼがえり、有利な相手にはそのまま突撃する。
単純だがそれ程の凄まじい火力を誇るということである。

ちからずくが発動する技では珠の反動が無効になるが、威力は上がる。
つまり岩雪崩などは特性と珠で威力1.69倍かつ珠の反動無し。  75×1.3×1.3=126
力ずくの発動しない技では通常通り威力1.3倍かつ珠の反動あり。100×1.3=130
反動の有無を考えると珠持ちではエッジより岩雪崩か。

↑こいつと珠の相性がいいのはわかるが、半減フレアドライブ>等倍サブウェポンである限り、珠より鉢巻のほうが強いと感じるがどう?
↑悪くはないが、もらい火持ちがいた時の使いやすさが違う。こだわりドライブをもらい火に打てばPT半壊するぞ
↑↑H振り程度の威嚇ギャラドスに対しても、珠フレドラ+いわなだれで返り討ちにできたりする
↑×2 それはスカーフにも言えることだろう。
計算してみたが鉢巻いじっぱり全振りフレアドライブは、HB特化ブルンゲルを超高乱数2にできる火力となる。(食べ残し込みでも75%程、珠は数%)
もちろん拘るならスカーフのほうが使いやすいだろうが、蜻蛉返りを持つこいつと鉢巻の相性は悪くない。珠反動が無いことなんてこいつにはほとんど無意味だし

炎はもちろん岩雪崩でオーケー。
命中の関係上、エッジより岩なだれの方がいいが、急所狙いの場合エッジでもかまわない。
どうでもよさそうなところではいじっぱりアイテムなしの時にH振りシャンデラが低乱数(18.8%)か確2か、
無振りスピンロトムが確1か高乱数か、みたいな差もあるようだ。

馬鹿力は厚い脂肪カビゴンはもちろんのこと、ハピも反動ダメを気にせずに倒せる。
バンギラスを確実に一撃で仕留められる馬鹿力のほうが使いやすいと思う。

地震を入れるのはドククラゲやランターンを安全に狩りたいときぐらいだけ。
ほかゴウカザルなどの炎闘には岩雪崩だと等倍
スカーフ型ならこいつら相手にする需要はあると思う。襷だと無理だけど。

水はどの技を入れても無理。
↑耐久水を意識するなら登場際に毒々入れれば良い。

スカーフ型ならフレアドライブ/岩雪崩/馬鹿力/蜻蛉の構成が一番範囲が広い気がする。
地面と格闘は範囲が被るしね。炎+格闘+岩の突破力はゴウカザルで立証済。
命の珠を採用するなら蜻蛉のスペースに補助技読みで場に出る機会を作れるアンコを入れるかな。

こいつににほんばれはどうだろうか球力尽く晴れフレアドライブは防御特化ヤドランすら確定2発で葬る超火力
対して相手の無振り波乗りは乱数2発
交代読みで打てば突破できる。防御特化ヤドランですらこれなので半端な水は問題にならない。
ニョロトノに関してはH252のみなら高乱数1発なので対面からでも潰せる可能性がある。

・テンプレ
AS252 フレアドライブ/とんぼがえり/いわなだれ/じしんorばかぢから@スカーフ

腹太鼓型 節を編集

性格:いじっぱりorようき
努力値:HP4n調整 攻撃252 残り素早さor調整 
持ち物:カムラのみ
確定技:ほのおのパンチ/はらだいこ/みがわり
選択技:いわなだれ/じしん/ばかぢから/しねんのずつき

はらだいこで攻撃が最大の状態のほのおのパンチならば
抜群ならすべて確1圏内、等倍でもほぼすべて確1圏内、半減でも耐久無振りのアタッカーなら確1圏内までもっていける超高火力
攻撃種族値が高く特性も常に発動しているため、はらだいこをせずともそれなりに程度機能し、スカーフや珠との選択を迫れるのも強み
攻撃力が最大の状態でも頑丈やタスキで止まるのでステロ等のサポートがほしい。ただしはらだいこ型と悟られる可能性があるので注意

・努力値
4n調整(HP個体V 無振りで180=4n)は必須
単炎で耐久も低く、はらだいことみがわりでHPを1/4まで削る前提となるため、HP調整した後はAS極振りベースが最善と思われる

・サブウェポン
候補はいわなだれ・じしん・ばかぢから・しねんのずつきの4つ。
それぞれ抜群とれる相手や無効の相手が違ってくるので一長一短

対ヒヒダルマ 節を編集

  • 注意すべき点
    トップクラスの攻撃種族値(140)、特性「ちからずく」、フレアドライブという3つの要素が合わさり、凄まじい火力を生み出す。
    こだわりスカーフを持たせていることが多く、後出しからの受けには注意が必要。
    交代先への負担を重視する場合はいのちのたまやこだわりハチマキを持たせていることがある。
    物理耐久の高いポケモンでも、等倍でフレアドライブを受ければ致命傷になる。
  • 対策方法
    一番楽なのが天候を雨にすること。それだけでダルマの選出をほぼ控えさせることができる
    ゴウカザルバシャーモと違い、炎タイプ以外の技の威力は低いため、炎を半減できるポケモンが安定する。
    ただし、耐久力の低いポケモンによる後出しでは受けきれない場合がある。
    マリルリオーダイルのように耐久が比較的高く、アクアジェットを覚える水タイプなら対処しやすい。

そもそもとてつもない攻撃力なので、後出しで対処するべきではない。
水、竜、襷頑丈、スカーフ持ちなどダルマにきつい選出をして、なるべく相手が動きにくい立ち回りを心がけること。
特に序盤のうちから有利に繰り出されて抜かされるということは何としても避けたい。

  • 受けられるポケモン
    ドラゴンタイプ、水タイプ(ブルンゲルヤドランスイクンなど)、ポリゴン2など。
    とんぼがえりで逃げられることが多いが、稀にアンコールを覚えていることがあるため油断はできない。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
ダルマッカヒヒダルマ
-1*アームハンマー10090かくとう物理10*SM以降
11たいあたり40100ノーマル物理35
-1ころがる3090いわ物理20
-1やきつくす60100ほのお特殊15
-1いかり20100ノーマル物理20
33ころがる3090いわ物理20
66やきつくす60100ほのお特殊15
99いかり20100ノーマル物理20
1111ほのおのキバ6595ほのお物理15
1414ずつき70100ノーマル物理15
17-さわぐ90100ノーマル特殊10
-17いばる-85ノーマル変化15
1919からげんき70100ノーマル物理20
2222ほのおのパンチ75100ほのお物理15
2525ふるいたてる--ノーマル変化30
2727あばれる120100ノーマル物理15
3030はらだいこ--ノーマル変化10
3333フレアドライブ120100ほのお物理15
-35※アームハンマー10090かくとう物理10
3539ちょうはつ-100あく変化20
3947ばかぢから120100かくとう物理5
4254オーバーヒート13090ほのお特殊5

※SMでは進化したときに覚える

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技61おにび-85ほのお変化15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技59やきつくす60100ほのお特殊15Lv
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アームハンマー10090かくとう物理10Lv
あくび--ノーマル変化10
アンコール-100ノーマル変化5
かえんぐるま60100ほのお物理25
きあいだめ--ノーマル変化30
きあいパンチ150100かくとう物理20教え
こらえる--ノーマル変化10
とっしん9085ノーマル物理20
ねごと--ノーマル変化10技88
よこどり--あく変化10教え

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
がむしゃら-100ノーマル物理5
さわぐ90100ノーマル特殊10ダルマッカ:Lv
しねんのずつき8090エスパー物理15
ねっぷう9590ほのお特殊10
ばかぢから120100かくとう物理5Lv
ほのおのパンチ75100ほのお物理15Lv
きあいパンチ150100かくとう物理20タマゴ
よこどり--あく変化10タマゴ
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ダルマッカLv.35→ヒヒダルマ
経験値Lv.50=117,360 Lv.100=1,059,860

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

あくびヌオー系統・ノコッチ・ナマケロ・ケッキングバクーダ系統・ビーダル系統・カバルドン系統・バオップムンナ
アンコールジュゴン系統・ケッキング系統・トドゼルガ系統・ダイケンキ系統・チラーミィエモンガ
かえんぐるまガーディギャロップ系統・バクフーン系統・コータスゴウカザル系統
きあいだめラッタ系統・ニドキング系統・オコリザル系統・バシャーモ系統・ヤルキモノバクーダ系統・スカタンク系統・ダイケンキ系統・バッフロン
きあいパンチORAS教え技・ヤルキモノズルズキン系統
こらえるノコッチゴマゾウヤルキモノパチリスミミロップ系統・マンムー系統・ツンベアー系統
よこどりORAS教え技・マニューラ系統・レパルダス系統・クイタラン