ウォッシュロトム - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ウォッシュロトム 節を編集

No.479 タイプ:でんき/みず
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
水/電HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウォッシュロトム506510710510786520ふゆう
ランターン1255858767667460ちくでん/ちょすい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)くさ/じめん
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/ひこう
いまひとつ(1/4)はがね
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ロトム:ゴースト ヒート フロスト スピン カット


「水技半減の電気ポケモン、かつ地面技無効の水ポケモン」。
他の電気ポケモンや水ポケモンでは等倍で入るこれらの技を半減以下にできる類まれな耐性で、
水や地面への後出し機会が非常に多く、弱点の少なさもあり、多くのポケモンとタイマンを張ることができる。
さらに、電磁波・鬼火・トリック・壁・ボルトチェンジといった器用さを併せ持ち、
有利を引き出してアタッカーにつなぐ、パーティの潤滑油のような働きが多い。
ダメージが蓄積し過労死しやすいので、どのポケモンを役割とするかをしっかり見極めて運用したい。

ランターンとの比較
ウォッシュロトムがふゆうで地面を無効にできるのに対し、
ランターンはちくでんで電気を無効にする。これにより、有利な相手が異なる。
有利な相手
  • 水タイプ
    防御タイプで水技を半減。水タイプのサブウェポンである氷技も半減。
    タイプ一致の電気技で弱点を突くことができるため、水流しの性能が非常に高い。
    第4世代でランターンが活躍できた大きな理由はその点。
  • 地面タイプ
    特性ふゆうで地面技を無効。
    タイプ一致の水技で弱点を突くことができるため、ボルトチェンジなどの電気技読みでの交換を抑えることができる。
    ガブリアスなど水等倍のポケモンを繰り出されるおそれはある。
    物理アタッカーが多いため、おにびが有効。
  • メタグロス
    鋼1/4であるため受け出しがしやすい。
    その一方で、防御特化ウォッシュロトムはこだわりハチマキのしねんのずつきで確2。
    素早さ調整の的にされることもあるため必ずしも安定というわけではない。
    オボンの実を持たせることで安定。
    また、こだわりハチマキのしねんのずつきはサザンドラやバンギラスなどを無償降臨させるため分のいい勝負である。
    加えて、最速メタグロス抜きに素早さ調整すればボルトチェンジで安定。

最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨やZクリスタルとあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。
ハイドロポンプ110(165)80-タイプ一致技。高威力だが命中不安。
シャドーボール80100特防↓20%ラティオスオーロットに。
たたりめ65/130100-状態異常の相手に威力倍増。おにびやでんじはとあわせて。
あくのはどう80100怯み20%シャドーボールと選択。スカーフなら怯みを狙える。
ふいうち70100優先度+1唯一の先制技。タスキ潰しなどへ。相手の変化技に注意。
めざめるパワー-60100-4倍狙いで炎・氷など。
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
おにび85物理アタッカー対策。炎は呼びにくいが、こんじょうに注意。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。メガストーン・Zクリスタルには無効。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
スーパーアクアトルネードハイドロポンプ185(277)C特化で無振りガブリアスを中乱1。
スパーキングギガボルト10まんボルト175(263)C特化でH振りメガギャラドスを確1。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HP252 素早さ調整 残り特攻 or 特攻252 素早さ調整 残りHP
持ち物:オボンのみ/ラムのみ
確定技:ボルトチェンジ/ハイドロポンプ
選択技:めざめるパワー(炎)/かみなりor10まんボルト/でんじは/おにび

攻撃力ではランターンを上回る。雨パでの活躍も見込める。

めざめるパワー

  • 主な仮想敵はナットレイ、ユキノオー
    この二匹にはめざ炎がないと手も足も出ない。ただしユキノオーはタスキ持ちが大半、ナットレイはメガネがないと耐えられるため
    交換読みで打つか身代わりを出さない限り突破はできない
    タイプ一致技が半減以下かつ、めざ炎が等倍以下の相手(禁止級伝説は除く)は下記の10匹
    ラティオス、ラティアス、サザンドラ、オノノクス、クリムガン
    ランターン(ちくでん)、トリトドン(よびみず)、ヌオー(ちょすい)、ユレイドル(よびみず)、アズマオウ(ひらいしん)

  • 電気タイプ技との相性は言わずもがな。主にドラゴンに対して打つ
    ただしこいつが呼ぶドラゴンは氷2倍の場合が多く、4倍ドラゴン達も一撃で落とせることは稀である。
    Sが負けているため使いづらく、交代読みで打つことになるので、素直に一貫性の高いボルトチェンジで良い事も多々。
    一応対地面への命中100のとどめにも
    タイプ一致技が半減以下かつ、めざ氷が等倍以下の相手(禁止級伝説は除く)は下記の7匹
    ユキノオー、ナットレイ、ランターン(ちくでん)、トリトドン(よびみず)、ヌオー(ちょすい)、アズマオウ(ひらいしん)、ヌケニン

  • 水/地面の複合タイプ専用。それ以外にはタイプ一致技と範囲がかぶる。
    ランターンにも入るがめざ草をもっててもきつい。
    ラグラージ、ナマズンは相手方にも有効打がなく、ハイドロで押せるため実質トリトドン、貯水ヌオー、避雷針アズマオウ専用
  • 飛行
    キノガッサピンポイント。一応ユキノオーや単草への打点にもなる。ラムのみを持たせることでキノガッサに後だしも可能。
    カバドリのキノガッサ入り、パルシェン・ウルガモスのキノガッサ入りなど、環境に多いキノガッサ入りの組み合わせにメタをはれる。
    持たせる場合は素早さ実値を135(最速キノガッサ・パルシェン抜き)以上にしておくこと
実践例
  • H252 B68 S20(157-x-136-137-127-109)
    A177鉢巻ヘラのインファ耐え
    C162珠マンダの竜星耐え
    S6振りFCロトム抜き抜き
  • H236 C40 S232(155-x-127-143-127-135)※めざ飛個体、CDSは個体値U
    カバドリのキノガッサ入り、パルシェン・ウルガモスのキノガッサ入りなどにメタを張った調整。
    最速キノガッサ・パルシェン抜き
    H155D92キノガッサをめざ飛で確定1発
    水のジュエルハイドロポンプで特防特化カバルドン、H191D134ウルガモス確定1発、
    H191D134ウルガモスが蝶舞を積んでも水のジュエルハイドロポンプ+ハイドロポンプで落とせる
    A161パルシェンの殻を破るロックブラスト5発耐え
素早さ調整
  • 性格別の調整先 ※個体値V前提、( )内は調整先の実数値
    素早さ調整の残りをHP252振りあまり特攻とすると、実数値135(最速70族抜き)で
    控え目と臆病の特攻が一致するので、ここが分かれ目となる。
    控え目最速バンギ(124)、最速70族(134)
    臆病最速70族(134)、最速ヒードラン(141)、最速ギャラ(146)、最速85族(150)
    最速バンギラス抜きはいるいない問題ではなく、実際はロトム抜き抜き程度の素早さに意味を持たせたもの。
    耐久調整の余りから回しやすい。その他では、無振り85族や同族を意識した412振り、
    特攻調整や耐久調整の余りを素早さに振るというものが多い。
  • 無振りの場合
    補正無し無振りで実数値106。この近辺はS調整の激戦区。FCロトム自体が調整の的にされることも多い。
    相手より素早さが上ならば行動回数を増やすことができ、耐久調整と同様の効果が得られる。なるべく素早さ無振りは避けたい。
  • 最遅
    後手ボルトチェンジする幅を広げ味方の無償降臨を狙う場合選択。
    最遅の実数値S81は無振りブルンゲルより1速いが、少し振ったブルンゲル相手であれば後続に鬼火が入るのを防げる。
耐久調整
HP種族値<防御・特防種族値となっており、HPに努力値を振った時の耐久力上昇効果が非常に大きい。
そのため、よほどのことがない限りHPは252振りを推奨。
HP振りだけでは道具補正で突破されてしまうことがあるので、防御や特防に振るのもあり。
調整例(個体値V、H252振り前提)
 耐久努力値(実数値) 調整内容
B28(B131) A204バンギラスの鉢巻ストーンエッジ耐え 
B92(B139) A181テラキオンの鉢巻インファイト耐え
A182ガブリアスの鉢巻逆鱗最大ダメージ以外耐え
D116(D142) C182ラティオスの珠流星群耐え
補正D156(D161) C182ラティオスの眼鏡流星群最大ダメージ以外耐え
特攻調整
技の威力が高いため、特攻に全振りせずとも役割を持つことができる。
以下は、努力値振りの目安。ひかえめで計算。
努力値(実数値)調整内容
36(143)ドロポンでH252D36バンギラスを確2 / 水のジュエル込でH215D136カバルドンを確定1発
68(147)ドロポンでH252カバルドンを確1
116(154)ドロポンでH252メタグロスを確2
136(156)めざ炎で特防特化ナットレイ確2(C個体値Uでの努力値)
252(172)めざ氷でH4ガブリアスを高乱数1
  • ふいうち
    タスキ潰し程度の火力しか無く、明確な使途目的が無いならただでさえ狭い技スペを使ってまで入れる必要はない。
    採用するとすれば、パルシェン、マンムー、ドリュウズ、シャンデラ、ゴウカザル、スターミーなどの
    タスキ持ち(頑丈持ち)への役割遂行を安定させる場合。残りHP1のこれらのポケモンから
    ロックブラスト/がむしゃら/エナジーボールなどを被弾し、倒されたりHPをごっそり削られたりする前に倒せる。
    襷持ちで先手をとられるこれらのポケモンを明確に仮想敵と定める場合初めて採用を検討して良い。
    また、下降補正無振り不意打ちでもトップメタのラティオスを3割程度(29.6%~36.1%)削ることができる。
    以下のようにパーティーの中でのラティオスの倒す手段の確保として採用価値が無いわけではない。
    例)A無振り(特防特化想定)ハッサムの蜻蛉(77.4%~92.9%)+ウォッシュロトムの不意打ち(29.6%~36.1%)=確定2発
  • リフレクター・ひかりのかべ
    この型は受けづらい高威力の技で相手に負担をかけることが長所。
    壁を張り、ボルトチェンジする余裕がある相手には積極的に攻撃し、負担をかけた方が良い。
    壁張りボルトチェンジは繰り出しやすい受け型の方が向く。

耐久型 節を編集

性格:ずぶといorおだやか
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ひかりのねんど/カゴのみ/ゴツゴツメット
選択攻撃技:10まんボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
選択補助技:おにびorリフレクター/ひかりのかべ/でんじは/ねむる/いたみわけ

弱点1つと優秀な耐久を活かす。物理受にはリフレクターに加え鬼火も。
上にもあるように地面を呼ばないのでボルトチェンジは非常に有効。

この耐久型の選択肢にいたみわけはどうだろうか?
実際使ってるし、いたみわけを使ったことある人ならわかると思うんだが、回復と攻撃を同時に行えるのは便利。
オボンなんかを持たせなくてもラティオスの流星群2耐えできたりもする。
もちろん、ねむるとは一長一短だから選択ってことになるけど。
↑電磁波/痛み分け/ハイポン/ボルチェンでラティのメガネ流星高乱数耐え、ガブの鉢巻逆鱗高乱数耐えで使ったが非常に使い勝手がよかった。流星→電磁波→痛み分け→流星→ボルチェンの流れで特殊竜に負担かけられる。雨グドラもHPとっておけば見られるし、ちょっとピンポイントだけど無理矢理ハイポン読みがむしゃらをしてくるドンファンにも頑丈潰しつつがむしゃらをかわせるなど、HP低いロトムが序盤の様子見に撃つのにちょうどいい。というわけで痛み分けを候補に入れときます。ちなみにこの型なら食べ残しがよかった(痛み分けのダメージ量減るけど遂行に影響しない)けど、ゴツメで使っててゴツメもありだと思ったのでこれも入れときます。

実践例
  • 157-×-140-125-161-106
    ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/電磁波/眠る@カゴ
    ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/光の壁/リフレクター@粘土
    182鉢巻きガブリアスの逆鱗耐え、205珠剣舞ドリュウズの雪崩+ステロ+天候ダメージ×1耐え
    182眼鏡ラティオスの竜星群を最大乱数以外耐え
  • 157-×-140-125-161-106
    ボルトチェンジ/めざぱ炎/光の壁/リフレクター@粘土
    非常にナットレイを呼ぶし、ドロポン打ちたい相手には大体逃げられるのでめざぱが良かった。
    交換読みからでもナット突破は難しいが、後続は非常に動きやすくなる。
    調整先は上と同じなので割愛。
  • 157-×-154-126-139-114
    ボルチェン/ハイドロ/鬼火/眠る@カゴ
    204鉢巻きカイリューの逆鱗最高乱数以外耐え、200鉢巻きガブリアスの逆鱗耐え
    182珠ラティオスの竜星群を上から二つ以外耐え、161眼鏡グドラの竜星群を上から三つ以外耐え、
    187C↑×2ウルガのさざめきを上から三つ以外耐え、187C↑×1珠ウルガのさざめきを最大乱数以外耐え、162眼鏡ラティアスの竜星群を上から四つ以外耐え
    準速61族抜き

メガネ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HP252 特攻or素早さ252 or HP・特攻・素早さ調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
選択技:10まんボルトorかみなり/めざめるパワー(氷/炎)/トリック

こだわりメガネにより火力を増強し、相手を一撃で倒しにいく。
受けに出てきたポケモンを高火力でゴリ押すことも可能。
素早さがそこそこあるので、調整すれば先制して倒しやすくなる。
ラッキー、サマヨールのような低火力の進化の奇石持ちのポケモンにはトリックも有効。

ボルトチェンジを確定技に。特に序盤は、無効属性・特性のある電気技の固定はなるべく避けたいので、
ボルトチェンジを打つ機会が非常に多くなる。
トリックを入れるなら、電気技はボルトチェンジのみでもよい。等倍以上の相手はほぼ確2以内に収まる。
ただし、ボルトチェンジでも地面や電気無効特性持ちを交換出しされるときついことに変わりはない
地面ポケの大半はWロトムに弱いため出てくることは少ないが、ボルチェン読みでガブリアスを非常に呼ぶので注意
一方、高耐久の水タイプ(スイクン、HDドククラゲ、HDブルンゲルなど)を高乱1~確1にするなら雷が必要。

火力目安(C特化時)
  • ドロポン
    蝶舞一回積みH4ウルガモスを確1
    H252輝石ポリ2・特防特化ランクルス・特防特化ズルズキン・H4振りユキノオーを確2
  • 10万
    H252振りブルンゲルを確1、特防特化ブルンゲルをオボン込みで確2
  • ボルトチェンジ
    H252振りヤドランを確1、HP252振りニョロトノを低乱数1(18.75%)、無振りサンダーを確2
  • めざ氷
    H4振りオノノクスを確1
  • めざ炎
    特防特化ナットレイを確2

スカーフ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HPor特攻252 素早さ調整 残り特攻or耐久
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
選択技:10まんボルトorかみなり/めざめるパワー(氷/炎)/トリック

火力はメガネに劣るが苦手な相手に対して先手トリックを決められる。
またスカーフで相手のスカーフ以外の四倍竜を抜ける可能性も出てくるのでめざ氷が生かしやすい。

対ウォッシュロトム 節を編集

要注意ポケ対策/ウォッシュロトム?


対ウォッシュロトム 節を編集

  • 注意すべき点
    優秀なタイプと特性ふゆうによる弱点の少なさ、安定した耐久力、並以上の火力と、非常に多くの仕事ができるポケモン。
    物理受け、アタッカー、壁張り等、型が多く読みにくい。持ち物もこだわりアイテムやZクリスタル、とつげきチョッキ、オボンのみなど多彩。
  • 対策方法
    唯一の弱点である草タイプに対しては、めざめるパワー氷ぐらいしか有効打がない。
    そのため、メガフシギバナを始めとする高耐久の草タイプなら有利な戦いができる。
    かたやぶり持ちでじしんを撃つのも効果的だが、おにびの搭載率が高いほか、
    ドリュウズメガギャラドスは一致技で弱点を突かれるので後出しする際は注意。

覚える技 節を編集

レべルアップ 節を編集

4th5th6th
SM
威力命中タイプ分類PP
--1ほうでん80100でんき特殊15
--1じゅうでん--でんき変化20
111トリック-100エスパー変化10
111おどろかす30100ゴースト物理15
111でんじは-90でんき変化20
111でんきショック40100でんき特殊30
111あやしいひかり-100ゴースト変化10
888さわぐ90100ノーマル特殊10
151515かげぶんしん--ノーマル変化15
222222でんげきは60-でんき特殊20
292929あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
363636みがわり--ノーマル変化10
-4343エレキボール-100でんき特殊10
-5050たたりめ65100ゴースト特殊10
435757じゅうでん--でんき変化20
506464ほうでん80100でんき特殊15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技61おにび-85ほのお変化15
技72ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技73でんじは-90でんき変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化15
第4世代まで
技34でんげきは60-でんき特殊20Lv/教え
技49よこどり--あく変化10教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
うらみ-100ゴースト変化10
さわぐ90100ノーマル特殊10Lv
シグナルビーム75100むし特殊15
トリック-100エスパー変化10Lv
HSいたみわけ--ノーマル変化20
エレキネット5595でんき特殊15
よこどり--あく変化10
イカサマ95100あく物理15
でんげきは60-でんき特殊20Lv
どろかけ20100じめん特殊10
スピードスター60-ノーマル特殊20
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5Lv
ふいうち70100あく物理5
あくのはどう80100あく特殊15技97
ねごと--ノーマル変化10技88

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ハイドロポンプ11080みず特殊5フォルムチェンジ時に習得

フォルムチェンジ 節を編集

遺伝 節を編集

タマゴグループ性別不明(不定形)
孵化歩数5120歩
性別ふめい