リングマ - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

リングマ 節を編集

No.217 タイプ:ノーマル
通常特性:こんじょう(状態異常の時に攻撃が1.5倍になる。やけどによる物理技の威力低下を無視する)※ヒメグマのとき「ものひろい」
        はやあし(状態異常の時に素早さが1.5倍になる。まひ状態でも素早さが下がらない)
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)※ヒメグマのとき「みつあつめ」
体重  :125.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
同特性NHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
リングマ9013075757555500こんじょう?/はやあし?/きんちょうかん?
ラッタ558160507097413にげあし?/こんじょう?/はりきり?
オオスバメ6085607550125455こんじょう?/きもったま?
マッスグマ7870615061100420ものひろい?/くいしんぼう?/はやあし?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

素早さは低いが攻撃力が高い、重戦車型ポケモン。
特性はやあしにより素早さを補えたり、こんじょうで火力に拍車をかけるなど極端に性能が分かれる。
攻撃種族値130からの「こんじょう」発動+タイプ一致「からげんき」の威力は今作でも健在で、3色パンチや「インファイト」など、サブウェポンも一通りそろっており、トリパなら無双も狙える火力の持ち主だが、今作ではナットレイデスカーンなど、リングマより遅いポケモンも増えた。
上手く立ち回って活躍できるだけの環境を整えてやろう。
HPに振るのなら8n-1(状態ダメ最小)や、16n-1調整(天候、状態ダメ最小)がお奨め。

夢特性きんちょうかんが解禁されたが場に出た瞬間こんじょうでない事がバレるのが難。
特性以外では前作技マシンのきあいパンチを習得する程度。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
からげんき70(105)→
140(210)
100-状態異常により威力2倍、状態異常型のメインウェポン。
すてみタックル120(180)100反動1/3状態異常に頼らずに攻撃できる。
おんがえし102(153)100-同上。反動を嫌うなら。
インファイト120100防御・特防↓威力・範囲ともに優秀。鋼・岩に有効。
アームハンマー10090素早さ↓トリックルーム下ならデメリットなしで使える。
じしん100100-こちらも鋼・岩に有効。ゴーストにも通るが浮いている相手に無効。
ストーンエッジ10080急所ランク+1相性補完としては微妙だが、範囲は優秀。
いわなだれ7590ひるみ30%素早さが確保できるなら命中が高めでひるみ効果もある。
かみくだく80100防御↓20%ゴースト対策に。
ほのおのパンチ75100やけど10%ハッサムナットレイパンプジンなどに。
れいとうパンチ75100こおり10%4倍ピンポイント。
かみなりパンチ75100まひ10% ギャラドスブルンゲルに。
なげつける~130100持ち物による状態異常玉を投げつけたり。そのときの威力は30。
変化技タイプ命中解説
まもる-安全に状態異常を発動させるために使用。読まれやすい。
あくび-交代読みや積み技を使う相手を流す。
つるぎのまい-はやあしで決定力を補うために。
ビルドアップ-相手の攻撃を耐えながら積めるかもしれない。
はらだいこ-いろいろとサポートが必要だが積めれば圧倒的な火力。

型考察 節を編集

はやあし型 節を編集

特性:はやあし
性格:ようき
努力値:素早さ252 攻撃252orHP252
持ち物:どくどくだま
確定技:からげんき
攻撃技:インファイト/じしん/かみくだく/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ストーンエッジorいわなだれ/じならし
変化技:まもる/みがわり/つるぎのまい/ビルドアップ/はらだいこ/あくび

特性「はやあし」を使う型。最速で実値175。残念ながらゴウカザルには1及ばない。
「はやあし」ではやけどの攻撃低下は無力化できないので、持ち物はどくどくだま一択。
タイミングを見計らって積み技を使えれば暴走できる。逆に積まないとやや火力不足か。そのため根性型同様、味方のサポートがあればなおいい。
弱点こそ付けないものようきA無振りのからげんきは、いじっぱりA振りのドサイドンのじしんとほぼ同威力。
だが無振りフライゴンが中乱1、インファイトで無振りサザンドラが中乱1、と1確を狙うにはやはり積まないと厳しい。
108族以降、スカーフ持ち、守る読み積みを抜くためにまもるをがんせきふうじなどにするのもいい、もともとの耐久のおかげで簡単には落ちないので打つ余裕は十二分にある。実数262まで抜けるため、りゅうのまい、ちょうのまい持ち全てを抜くことが出来る。ちなみにからをやぶるはパルシェン及びドーブルが無理。

剣の舞/噛み砕く/インファイト/からげんき で運用してるが、舞が無いと受けが突破できない。特にブルンゲルなどのゴーストの物理受けが無理。はやあしだとから元気等倍でも火力が微妙に足りないことが多いから舞固定でもいいかも。守るが無くて困ることはそんなになかった。

あくび/はらだいこ/インファイト/かみくだく で使ってみた。守る読みで積んでくる相手は多いのであくびが良く刺さり、そのあとにセルフではらだいこを積める機会がたびたびあった。
後続に積み持ちを入れておくとはらだいこで落とされたとしても、あくびの効果で無償降臨できるので悪くはないかと

根性型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱりorゆうかんorようき
努力値:攻撃252 HP252or素早さ調整
持ち物:どくどくだまorかえんだま
確定技:からげんき
選択技:インファイト/じしん/かみくだくorしっぺがえし/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ストーンエッジorいわなだれ/まもる/なげつける/おんがえし/かたきうち/あくび

基本は「まもる」で「こんじょう」を発動させてから超火力で殴る型。
威力は凄まじいが足が遅く、耐久も並程度なので単体で動くのはちょっときついかもしれない。
「トリックルーム」や高速or剣舞バトンなどのサポートがあればより強力になれるかも。故に「まもる」は選択技に。
↑後攻の尻尾持ちのユクシーから、トリル、トンボで繋ぐと強い強い。根性空元気の威力は尋常ではない。威嚇込みの無振ギャラくらいなら美味しくいただける。
↑前作まで確かにユクシーとのコンビは強かった。ただ今作の鈍足増加はかなり痛い。
なので今作はトリルよりむしろ追い風脱出エルフーンと組み合わせて追い風パで使う方がよさそう。脱出ボタンのターンに毒々玉も発動するし。

根性でも早足に見せるため毒毒玉一択かと 3on3なら毒毒玉の方がお得な場合が多い 
↑トリパで使うなら火炎玉でもいいんじゃね、トリパで早足なんて使うわけないし
↑今回デスカーンが登場したため、火炎玉持ちでミイラにされると根性どころか火傷の分まで攻撃力下げられてしまう。
そういった意味でも毒毒玉のが良い
↑じしんすればよくね?
↑相手が防御特化ならじしんは超高乱数3発で噛み砕くなら2発目にミイラ発動してるとして超低乱数2発
それと他のゴーストにふゆうがいるからかみくだくをいれてたほうが対応しやすいかと
両立もありだがそうするとむし・はがねやくさ・はがねに不一致じしんや半減からげんきでは火力不足

こいつじならし覚えるんだがどうだろうか。
AS振りなら一回当てれば毒毒玉はやあしと同速だし、火力と素早さを両立できていいと思うんだが。
まだ実戦してないからなんとも言えないが、意見求む。
↑素早さ極振りで108族まで同速になるが微妙かと、じならしや岩石封じで目の前の相手は抜けても、後続が抜けない場合が多いし、素早さを補いたいならはやあし型でつるぎのまいを積んで火力を補った方がいいかと
↑↑俺はいいと思う。むしろ守る確定がどうかと思う。
あとだしならいらないし、そもそもこいつで全抜きは無理でしょ。
たとえば追い風下で終わる直前に使ったり、守る読みで積む相手にも素早さ下げてノーダメで行けるかもしれない。
↑この条件ならはやあし型でも積み相手にノーダメで剣の舞積めるし、火力面でもはやあし陽気HS振り@剣舞>こんじょう@意地っ張りAS振り@じならしな訳だから相手の後続への圧力に耐久でも火力でも劣っている

守るは確定から選択に格下げしました。根性持ちにはすべて言えるが守るは読まれる。特にこいつはもうひとつの特性が早足だし、大体守る読みの行動される。それと投げつけるを追加。守る読みに対して火傷や毒にさせたりと使ってみていい感じだった。状態異常になる前に投げつけることになる事もしばしばあったからメインウエポンは恩返しにして安定した

いじっぱりの準速でスイクンなどがいる85族を抜かすことができて便利。

トリパ前提なら、アームハンマーも選択肢に入らないかな。インファイトより火力も安定性も落ちるけど、トリル中ならSが一段階上がるのと同じ効果を得られる。因みに、ゆうかん最鈍で一回アームハンマーを使うと、Sは実値で36になる。トリパを意識してない奴らなら、一気に抜き去ることができるけど、どうだろうか。

守るより使い勝手が悪いかもしれないけどけど身代わりは候補に入らないかな?相手の守る読みの積み技読んでみるとか

あくびを選択肢に追加。一撃耐えれる耐久力は一応あるので、初手あくび、相手が下げた場合根性空元気で突破。相手が突っ込んできた場合、後続の起点へ。トリル化でも、大爆発などの死に出しで根性発動してない場合の一ターン分の時間稼ぎや一撃で落とせない相手(特に回復技持ち)にトリックルームの切れ際にやるなど応用が効いた。

対リングマ 節を編集

  • 注意すべき点
    基本的に「こんじょう」と「はやあし」の二択を迫る。最強の一致こんじょうからげんき使い。
    特性「はやあし」の場合は106族まで抜くことができる。
  • 対策方法
    耐久は平均よりやや高い程度。どくどく玉で耐久が削れるが二発攻撃を当てないと厳しい。
    高物理耐久の鋼霊なら受けられる可能性もあるがインファイト、じしん、かみくだくをサブに採用している場合が多く安定はしない。
    初見では特性がわからないので、はやあし発動しても先手をとれるポケモンやタスキ持ちを選出しよう。
    また初手に高確率でまもるor積み技を使用するため身代わりも有効。型の見極めや最大四回の使用で相手の耐久力のほぼ3/8は減らせるため対処しやすくなる。
    トリパで出てこられると終わるのでトリックルーム自体の発動を未然に防ぐようにしたい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th
5th
6th
SM
威力命中タイプ分類PP備考
ヒメグマリングマヒメグマリングマヒメグマリングマ
----1-なげつける-100あく物理10
-----1アームハンマー10090かくとう物理10
--1111ほしがる60100ノーマル物理25
111111ひっかく40100ノーマル物理35
----1-つぶらなひとみ-100フェアリー変化30
1111-1にらみつける-100ノーマル変化30
771111したでなめる30100ゴースト物理30
19191111うそなき-100あく変化20
13138888みだれひっかき1880ノーマル物理15
252515151515だましうち60-あく物理20
--22222222あまいかおり-100ノーマル変化20
----2525なかよくする--ノーマル変化20
373729292929きりさく70100ノーマル物理20
--36-36-あまえる-100フェアリー変化20
---38-38こわいかお-100ノーマル変化10
313143474347ねむる--エスパー変化10
434343494349いびき50100ノーマル特殊15
494950585058あばれる120100ノーマル物理10
--57-57-なげつける-100あく物理10
---67-67アームハンマー10090かくとう物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-85どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技01きあいパンチ150100かくとう物理20教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技72ゆきなだれ60100こおり物理10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
かみくだく80100あく物理15
とっしん9085ノーマル物理20
ちきゅうなげ-100かくとう物理20
カウンター-100かくとう物理20
メタルクロー5095はがね物理35
うそなき-100あく変化20Lv
あくび--ノーマル変化10
ねごと--ノーマル変化10技88
クロスチョップ10080かくとう物理5
すてみタックル120100ノーマル物理15
インファイト120100かくとう物理5
つじぎり70100あく物理15
HSはらだいこ--ノーマル変化10
なしくずし70100ノーマル物理20
じゃれつく9090フェアリー物理10

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15Lv
Emかみなりパンチ75100でんき物理15
Emほのおのパンチ75100ほのお物理15
Emれいとうパンチ75100こおり物理15
さわぐ90100ノーマル特殊10
ダストシュート12080どく物理5
タネばくだん80100くさ物理15
とっておき140100ノーマル物理5
ばかぢから120100かくとう物理5
HSけたぐり-100かくとう物理20
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
ほしがる60100ノーマル物理25Lv
きあいパンチ150100かくとう物理20
FL/Emメガトンパンチ8085ノーマル物理20
FL/Emメガトンキック12075ノーマル物理5
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20技75
FL/Emカウンター-100かくとう物理20タマゴ
FL/Emゆびをふる--ノーマル変化10
FL/Emいわなだれ7590いわ物理10技80
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15タマゴ
ちきゅうなげ-100かくとう物理20タマゴ
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emばくれつパンチ10050かくとう物理5
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Emまるくなる--ノーマル変化40
Emころがる3090いわ物理20
Emどろかけ20100じめん特殊10
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20
Emねごと--ノーマル変化10技88
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
HSずつき70100ノーマル物理15

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細備考
リフレッシュ--ノーマル変化20XD
メタルクロー5095はがね物理35XDタマゴ
かみくだく80100あく物理15PDWタマゴ
きあいパンチ150100かくとう物理20PDW教え

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ヒメグマ(Lv.30)→リングマ
経験値Lv.50 = 125,000
Lv.100 = 1,000,000

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

かみくだくラッタ系統・Aラッタ?系統・アーボックガーディキリンリキグランブル系統・ヘルガー系統
グラエナ系統・バクオングクチートハブネークトドゼルガビーダル系統
レントラー系統・フローゼルカバルドン系統・ミルホッグ系統・ムーランド系統
ヤナップバオップヒヤップワルビアル系統・ズルズキン系統・カエンジシ系統
ゴロンダ系統・デカグース?系統・ルガルガン?系統
ちきゅうなげオコリザル系統
カウンターケッキング系統・ルカリオルガルガン?(まよなか)・バンバドロ?系統
あくびヌオー系統・ノコッチ・ナマケロ・ケッキングバクーダ系統・ビーダル系統・カバルドン系統
バオップムンナデカグース?系統・ネッコアラ?
クロスチョップオコリザル系統
すてみタックルラッタ系統・Aラッタ?系統・イーブイバクフーン系統・ノコッチゴマゾウマッスグマエネコ
ドンメルパッチールカバルドン系統・メブキジカ系統・ゴーゴート系統・ナゲツケサル?
インファイトオコリザル系統・ザングース・モウカザル・ゴウカザルルカリオナゲツケサル?
つじぎりダグトリオAダグトリオ?系統・ペルシアン系統・Aペルシアン?系統・カモネギハブネーク
アブソルスカタンク系統・マニューラレパルダス系統・ゾロアーク
はらだいこマッスグマ系統・ヒヒダルマ系統・ブリガロン
じゃれつくペルシアンAペルシアン?グランブル系統・マッスグマナマケロエネコクチート
ニャルマームーランド系統・レパルダス系統・デデンネ