ユキメノコ - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ユキメノコ 節を編集

No.478 タイプ:こおり/ゴースト
通常特性:ゆきがくれ(天気が「あられ」の時、回避率が1.25倍になる・あられのダメージを受けない)
隠れ特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)
体重  :26.6kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
高速ゴーストHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ユキメノコ7080708070110480ゆきがくれ?/のろわれボディ?
ゲンガー60656013075110500のろわれボディ?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/いわ/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/2)こおり/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

ゴーストの中ではゲンガーと並んで最速、氷の中ではマニューラに次ぐ2位。
ラティオス・ラティアスとは同速で、それ以外のドラゴンには先手を取れる。
ガブリアス等を上から殴れるのが利点なので、基本的に最速推奨。
しかし耐久は並以下で弱点もつかれやすく、火力も低いため単純なアタッカーとしては今ひとつ。
高い素早さと豊富な補助技を活かしながら戦いたい。

攻撃と特攻は同じ高さだが、物理は使える技があまりないので基本的に特殊技が中心。

特性考察
・ゆきがくれ
霰下で回避率アップ。ひかりのこなを持たせれば命中100の攻撃の命中率が72%に。
霰パで使用する場合や対ユキノオーを意識する場合はこちら。
・のろわれボディ
ブルンゲルのように何度も耐えて発動させることは難しく、発動したらラッキー程度のもの。
襷なら少なくとも2回は発動機会(1回でも発動する確率は51%)があり、勝ち筋を増やすと言う意味ではそれなりには期待できる。
霰パ以外で使うならゆきがくれの回避よりも発動機会が多いか。第4世代教え技のふいうちとは両立できない。

グロスやハッサムのバレパンには要注意。耐久無振りだとグロスのプレートバレパンから乱数圏内で、テクニシャンバレパンは確一。
こちらからの攻撃も晴れウェザボくらいしか通らず、両者ともに追い打ちまで持っているので選出はよく考えて。

「異常撒き型」は特殊アタッカー型とゆきがくれ回避型に統合されました。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ゆきがくれ
通常特性。霰下限定なうえ低耐久なので発動機会は少ない。でんじはやみがわりとあわせて。
ひかりのこなを持たせれば命中率100%の技も72%まで下げられるが、必中のZワザには注意。
のろわれボディ
隠れ特性。こちらも低耐久のため活かしづらく、発動したからといって相手に負担がかかるとも限らない。
技を封じてもZワザ化して使われたり、Zワザに発動してしまい元の技を封じられなかったりと、狙い通りに使えないのが難点。
しかしきあいのタスキなら少なくとも2回は発動機会(1回でも発動する確率は51%)があり、
特にこだわりアイテム持ちに発動すれば交代を強要できるなど、勝ち筋を増やせる可能性もある。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
れいとうビーム90(135)100凍り10%タイプ一致技。性能安定。
ふぶき110(165)70凍り10%タイプ一致技。霰やZクリスタルとあわせて。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。性能安定。
たたりめ65(97)/
130(195)
100-タイプ一致技。状態異常の相手に威力倍増。
おにびやでんじはとあわせて。
10まんボルト90100麻痺10%対水。一致技とあわせて全ポケモンに等倍以上。
サイコキネシス90100特防↓10%ノーマル/格闘や炎/格闘に。
こおりのつぶて40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
ふいうち70100優先度+1第4世代教え技限定。読みが要るがこおりのつぶてより高威力の先制技。
変化技タイプ命中備考
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
ゆきがくれやみがわりと相性が良いが、みちづれとは相性が悪い。
あやしいひかり100妨害技。たたりめの威力は上がらない。
ちょうはつ100補助技対策。みちづれと相性が良い。
かなしばり100起点作りに。のろわれボディより確実。
すりかえ100メガネやスカーフとあわせて。メガストーン・Zクリスタルには無効。
トリック100同上。教え技。こちらは第五世代以前の技と両立可能。
まきびし-サポート用。飛行は呼びにくいが、ふゆうにも無効。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。連発で成功率低下。
みがわり-何かと有用。でんじはやかなしばり、ゆきがくれと相性が良い。
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性が良い。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
うそなき100特殊受けを弱体化。擬似的に特攻を強化。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
レイジングジオフリーズふぶき185(277)必中。
れいとうビーム175(262)無補正C振りでH振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。
むげんあんやへのいざないシャドーボール160(240)無補正C振りでH振りメガメタグロスを高乱1。
たたりめZワザの威力は同じ。
マキシマムサイブレイカーサイコキネシス175無補正C振りでH148振りまでのメガバシャーモを確1。
スパーキングギガボルトかみなり185必中。
10まんボルト175無補正C振りでH振りファイアローを確1。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのこな/各種ジュエル
確定技:れいとうビームorふぶき
選択攻撃技:シャドーボール/10まんボルトorかみなり/サイコキネシス/ウェザーボール/こごえるかぜ/こおりのつぶて/ふいうち
選択補助技:みちづれ/でんじは/ちょうはつ/あやしいひかりorいばる/かなしばり/みがわり/いたみわけ/まきびし

そこそこの素早さと一致氷技を活かした特殊型。
他の特殊氷とは一致シャドボや10万、他のゴーストとは一致氷技で差別化はできるが、
素の火力がないのでフルアタにせず1、2個補助技を入れた方が動きやすい。

先制技はどちらとも物理技。あればあるで便利だが、技スペを考えると結構厳しい。
攻撃種族値も80と最低限のラインはあるものの、無振りではタスキ潰し以上の期待はしないほうがよい。

耐久種族値は等倍の一発くらいは耐える(かも)といった程度。何を食らっても沈むというほど紙ではないが、
弱点の数やメジャーの多さを考えると基本的にはタスキ安定。
タスキのイメージが強いので、タスキなしの場合、初手道連れを使う機会は結構ある。
霰パで他にタスキを回したいなら運任せだが光の粉を持たせてもよいだろう。

技考察
  • こおりのつぶて
    タスキありなら冷凍ビーム→つぶてで多くのドラゴンを持ち物に関わらず倒せる。
    神速も無効なので、マルチスケイルカイリューに対してH振りまでなら臆病C252冷ビ+A0つぶてで確定。
    特防特化+電磁波羽休めの様な型でなければかなり安定して勝てる。
    サザンドラは耐久無振りなら冷ビ+礫で確定、無振りラティは高乱数(吹雪や補正なし礫なら確定)。
    相手の耐久調整のことも考えると、少しでも倒せる確率を上げるために攻撃を下げないせっかちorむじゃきを強く推奨。
    また先制技の採用率の低い襷ゲンガーをシャドボ+先制技でタイマンなら勝てる(あったら五分)、
    冷凍では乱数のボルトロスにもほぼ勝てるようになる。
  • サイコキネシス
    タスキがあれば死に出しや格闘読みからゴウカザルを狩れる。無振りテラキオンは超高乱数2発。
  • 電気技
    10万ボルトは範囲が広がるが、無振りギャラが乱数。礫があれば確1。
    かみなりはH振りギャラが確1なのでこちらも候補に挙がる。
    ウェザーボールとかみなりがあるため、雨パ、晴れパにいれても運用できなくもない。
  • たたりめ
    状態異常技→祟り目よりシャドボ2発の方が強いが、状態異常技を使うのがメインなら採用はあり得る。
  • めざパ炎
    個体値の関係で同速で五分の勝負だったラティオス、ゲンガー、エーフィ等に先手を取られてしまう。
    しかし彼らもめざパ炎を持つ場合があるため結局同速勝負となる可能性もある。
    逆にいうとめざパ炎でなければ彼らを抜ける機会が多くなる。
  • みちづれ
    倒せそうにない相手を無理やり倒せたり、ふいうちを透かせたりするので便利。
    マッハパンチやしんそくが無効なので活きやすい。
使用例
  • 臆病CS ふぶき/シャドーボール/めざパ炎/みちづれ ゆきがくれ@タスキ
    霰アタッカー仕様。ユキノオー+ユキメノコ+耐久水ポケ(炎・鋼受け)で使用。
    必中ふぶき+霰の削りダメージで低めの火力を補える上、
    ユキノオーに対する格闘技を透かしたり、厄介な相手をみちづれで強引に突破することも可能。
    みちづれと雪隠れは相性が悪そうに見えるが、
    回避してしまっても相手に霰ダメージが蓄積される分こちらが有利になるので問題ない。
    また回避居座り型のイメージが強いためか、みちづれが警戒されにくい印象。
  • ウェザボ/れいとうビーム/こおりのつぶて/みちづれ @タスキ
    対竜用として悪くは無いけどそれ以外弱点をつけない場合は本当に火力が無い。
    自分の使い方が悪いのかもだけど、みちづれは思ったよりも打つ機会が少なかった。
    流せる相手は少なくないのでそこをどう捕らえるかという感じ。
    ウェザボ、みちづれ等を使えて覚える技も近いゴーストならばフワライド@ヤタピ(みがわり、めざ氷、ウェザボ、10万)のほうが
    地面もすかせて使いやすかったので自分は最終的にこっちに落ち着いた。
    候補には入れてもいいかもしれないけど、個人的にはどちらも紹介されてるテンプレのようなパーティにいるポケのような
    汎用性とか基本スペックには一歩及ばない部分が目立つと思う。
  • むじゃきCS252 ウェザボ/れいとうビーム/こおりのつぶて/みちづれ @タスキ
    基本的に先発、死に出しで運用。とにかく竜に強い。
    そんなにいないとは思うけど、サザン、オノノクスのヤチェには流石に勝てない。が、その他の竜にはまず勝てる。
    竜狩ったあとにあわよくばみちづれでもう1匹もっていったり、晴れウェザボでハッサムを返り討ちにしたりと良かった。
    10万Vは弱点を突いても火力が不足してて使いにくかった。
    みちづれが結構読まれやすかったから電磁波とか凍風にしてもよかったかもしれない。

こだわり型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252 or 特攻252 素早さ調整
持ち物:こだわりメガネ/こだわりスカーフ
確定技:れいとうビームorふぶき
選択攻撃技:シャドーボール/10まんボルトorかみなり/サイコキネシス/こごえるかぜ/ウェザーボール
選択補助技:でんじは/トリック/みちづれ/まきびし

フルアタというよりも、こだわりトリックを起点にしつつ火力や速度補強をメインにする型。
攻撃面ではタスキがないと打ち合いは厳しいため、基本的には4倍狩りなどのピンポイント。
トリックと電磁波や道連れで2匹以上拘束できれば、後続がかなり有利になる。

基本的には最速推奨。スカーフなら90~105あたりの最速スカーフ意識で調整してもいいが、
大差ないしトリックもあるのでやっぱり最速推奨。
ユキメノコの臆病メガネより控えめスカーフルージュラのほうが速く、特攻の差は15程度。
耐久やタイプの違い、10万など差別要素はあるが、拘るからといって単純に殴るだけの運用は避けたい。

メガネ持ちなら狩れる範囲は広がり、ヤチェ持ちの4倍ドラゴンも潰せる。
向いてないが、シャドボでH振りシャンデラが高乱数1(34/39)、サイキネがあればゴウカザルも同じ高乱数1。

一般ドラゴンの誰よりも速いので、スカーフを巻けば氷4倍のスカーフドラゴンメタになれる。
ただ、オノノクスやサザンドラを意識するなら命中難の吹雪でないと落とせない(サザンドラは吹雪でも高乱数1)。
霰パに組み込むのが最適。

ゆきがくれ回避型 節を編集

特性:ゆきがくれ
性格:おくびょう
努力値:HP4n+1調整 素早さ252 残り特攻
持ち物:たべのこし/ひかりのこな
確定技:みがわり
選択攻撃技:ふぶきorれいとうビーム/シャドーボール/10まんボルト
選択補助技:でんじは/どくどく/かなしばり/あやしいひかり/かげぶんしん/うそなき/みちづれ/いたみわけ

ユキノオーと組み、ゆきがくれの回避によってみがわりを残して有利な状況に持ち込む。
霰パの苦手なヘラテラキ猿を素早さで抜ける上に、メガホエッジ文字の命中不安定さに任せて容易に起点にできる。
そしてそいつらの先制技は全て無効。他のゆきがくれ持ちにはできない芸当。

しかしグロスやハッサム等、バレパン持ちの鋼にはユキノオーと合わせて対策されるので厳しい。
パーティーの他のメンバーでこういった危険要素を排除するプレイングが要求される。

霰下テンプレグロス(思念/アムハン/冷P/バレP)だったら金縛りあれば起点にできるかも。
176グロスのバレPだったら身代わり一回張れるだけのHP残るし身代わりは冷P耐えてくれる。
思念は命中不安定だしアムハン無効。まあそのテンプレグロスが実際にどれだけいるのかって話だが。

技考察
  • うそなき
    正面から泣いてる耐久はないが、身代りが残っている状態や流し際に当てることができれば火力補強ができる。
    だが交換や相手が倒れてしまうと泣き直しになるため結局1:1交換にしか持っていけないので粉ガブのような抜き性能はない。
  • かなしばり
    ユキノオー対策に入れられる格闘タイプに対して絶大な効果を発揮する。
    また水タイプや炎タイプの一致技を縛るだけでも詰む相手は多い。
  • みちづれ
    道連れは特性と相性が悪くないか?
使用例
  • HP4n+1調整S252残りC ふぶき/あやしいひかり/みがわり/かげぶんしん @光の粉
    運ゲで勝つ確率を最大限まで上げてみた。ネタっぽいが雪がくれをフルで活用できる。
    あやぴか+かげぶんしん+ゆきがくれ+光の粉で相当な回避率だしこれができるのはこいつだけ。
    ただ攻撃技1つでPPも少ないので霰ダメ蓄積しないたべのこしもち特殊受けにはなにもできないのでふぶき連打でただ凍るのを祈るだけ・・・。
    バレパン持ちは交代読みみがわりからあやぴかで戦えなくもないが分が悪すぎる。
    その分自分より遅い相手には相当強いとおもった。
    ↑自分はそれのあやぴかを10万にして使ってるがかなり強い。
    攻撃でふぶきと10万がつかえるから結構広く等倍以上がとれる。
    みがわりからの分身だけでもけっこうよけてくれるからたいていの試合はコイツとノオーだけで終わる。
    ただ落ちるときは速攻で落ちていくからやはり運ゲ要素強めかもしれん。
  • でんじは/みがわり/いたみわけ/ふぶき
    雪隠れ+麻痺+みがわりでなかなか突破されなかった。電磁波の効かない地面にはふぶきが刺さる。
    アタッカーが基本に見られているけど、耐久寄りのメノコも悪くないかもしれない。
    むしろ、麻痺+雪隠れで回避できる点を考えると、ゲンガーよりもできる子かもしれない。

対ユキメノコ 節を編集

  • 注意すべき点
    高い素早さと一致氷技によってガブリアス以下のドラゴンに強い。
    でんじは、みちづれ、トリック、かなしばり等の補助技も豊富。ゆきがくれでの回避型も。
  • 対策方法
    攻撃性能が低いので特殊耐久に優れるポケモンなら交代から受けられる。
    潰しに行く場合はみちづれが厄介なので、先制技持ちの鋼タイプなどで対応したいところ。
    麻痺させてしまえばほぼ機能停止。
    ゆきがくれについては運なのであきらめるしかないが、ロックブラスト持ちならみがわりを抑制できる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
ユキワラシユキメノコ
-1みちづれ--ゴースト変化5
11こなゆき40100こおり特殊25
11にらみつける-100ノーマル変化30
-1かげぶんしん--ノーマル変化15
-1こおりのつぶて40100こおり物理30
-1あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
-あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
55かげぶんしん--ノーマル変化15
1010こおりのつぶて40100こおり物理30
1414こごえるかぜ5595こおり特殊15
19-かみつく60100あく物理25
-19おどろかす30100ゴースト物理15
23-こおりのキバ6595こおり物理15
-23ドレインキッス50100フェアリー特殊10
28-ずつき70100ノーマル物理15
-28おにび-85ほのお変化15
32-まもる--ノーマル変化10
-32あやしいひかり-100ゴースト変化10
37-こおりのいぶき6090こおり特殊10
-37めざましビンタ70100かくとう物理10
41-かみくだく80100あく物理15
-41ゆうわく-100ノーマル変化20
-42シャドーボール80100ゴースト特殊15
4648ふぶき11070こおり特殊5
5054あられ--こおり変化10
-61みちづれ--ゴースト変化5

※進化したときに覚える。

過去世代

3rd4th5th/XYOA威力命中タイプ分類PP備考
ユキワラシユキワラシユキメノコユキワラシユキメノコユキワラシユキメノコ
--1-1--おどろかす30100ゴースト物理15
----1*-1みちづれ--ゴースト変化5*XY以降
1111111こなゆき40100こおり特殊25
1111111にらみつける-100ノーマル変化30
--1-1-1かげぶんしん--ノーマル変化15
------1こおりのつぶて40100こおり物理30
7444455かげぶんしん--ノーマル変化15
-373737371010こおりのつぶて40100こおり物理30
16131313131414こごえるかぜ5595こおり特殊15
1010-10-19-かみつく60100あく物理25
--10-10-19おどろかす30100ゴースト物理15
-28-28-23-こおりのキバ6595こおり物理15
------23ドレインキッス50100フェアリー特殊10
1919-19-28-ずつき70100ノーマル物理15
--22-22-28あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
2522-22-32-まもる--ノーマル変化10
--19-19-32あやしいひかり-100ゴースト変化10
-----37-こおりのいぶき6090こおり特殊10
--28-28-37めざましビンタ70100かくとう物理10
2831-31-41-かみくだく80100あく物理15
--31-31-41ゆうわく-100ノーマル変化20
------42シャドーボール80100ゴースト特殊15
43465146514648ふぶき11070こおり特殊5
37404040405054あられ--こおり変化10
--59-59-61みちづれ--ゴースト変化5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技56なげつける-100あく物理10
技61おにび-85ほのお変化15ユキメノコのみ
技63さしおさえ-100あく変化15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技70オーロラベール--こおり変化20
技73でんじは-90でんき変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技79こおりのいぶき6090こおり特殊10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化15
第4世代まで
技03みずのはどう60100みず特殊20教え
技34でんげきは60-でんき特殊20教え
技49よこどり--あく変化10教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技72ゆきなだれ60100こおり物理10タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20Lv
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
とおせんぼう--ノーマル変化5教え
まきびし--じめん変化20
ころがる3090いわ物理20
かなしばり-100ノーマル変化20
がまん--ノーマル物理10
HSウェザーボール50100ノーマル特殊10
ゆきなだれ60100こおり物理10
たたりめ65100ゴースト特殊10
うそなき-100あく変化20
すりかえ-100あく変化10

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
Emれいとうパンチ75100こおり物理15
E/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
トリック-100エスパー変化10
うらみ-100ゴースト変化10
シグナルビーム75100むし特殊15
HSいたみわけ--ノーマル変化20
HSとおせんぼう--ノーマル変化5タマゴ
よこどり--あく変化10
でんげきは60-でんき特殊20
みずのはどう60100みず特殊20
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化10
Emどろかけ20100じめん特殊10
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5Lv
ふいうち70100あく物理5
HSずつき70100ノーマル物理15

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細備考
うたう-55ノーマル変化15XD
みずのはどう60100みず特殊20PDW教え
ウェザーボール50100ノーマル特殊10PDWタマゴ

遺伝 節を編集

タマゴグループ妖精/鉱物
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別(ユキワラシ)♂:♀=1:1
性別(ユキメノコ)♀のみ
進化条件ユキワラシ(♀)に「めざめいし」を使う
分岐進化ユキワラシ(Lv.42)→オニゴーリ

遺伝経路 節を編集

とおせんぼう:ウソッキー(L26)/ノズパス(L8)/自力(教え技) など
まきびし:ロゼリア(卵)イシズマイ(卵)/ヤブクロン(卵)/テッシード(卵)
ころがる:プリン(L21)/イシツブテ(L18)/マリル(L10)/テッシード(L6) など
かなしばり:プリン(L13)/デスマス(L5)/ポワルン(卵)
がまん:パチリス(L1) など
ウェザーボール:ポワルン(L40)/ロズレイド(L1)/バイバニラ(L1) など
ゆきなだれ:バニプッチ(L19)/自力(旧作マシン) など
たたりめ:デスマス(L17)/ポワルン(卵)
うそなき:ウソハチ(L1)/クチート(L6)/プラスル(L21)/マイナン(L35)/プリン(卵)/デスマス(卵)
すりかえ:マイナン(L13)