ペンドラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ペンドラー 節を編集

No.545 タイプ:むし/どく
通常特性:どくのトゲ(直接接触技を受けたとき、相手を30%の確率で「どく」状態にする)
     むしのしらせ(HPが残り1/3以下になると、むしタイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)※第五世代では「はやあし」、第六世代に移送すると「かそく」に変化。
体重  :200.5kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
かそくバトンタッチHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ペンドラー60100895569112485どくのトゲ?/むしのしらせ?/かそく?
テッカニン6190455050160456かそく?/すりぬけ?
バシャーモ80120701107080530もうか?/かそく?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなし---

合計種族値は同タイプ中最高で、激戦区110族を抜ける素早さを持つ。
特にラティオス・ラティアスを上から一致弱点突けるというのが美味しい。
状態異常に弱いが、動くまで身代わり型か襷かが判断出来ないので対面での状態異常は抜いてる限りはやや撃たせにくい。

メガホーンの威力のお陰で結構なダメージを出せる反面、それ以外だと攻撃力に物足りなさを感じる一面も。
鋼対策で地震を打っても確定3発で押しきれずに涙目なんて展開も結構頻発する。
特に岩雪崩だと更に火力が落ちるために火力不足で困る事も多い。3割怯みでごり押せたりすることもあるけど。
ある程度の相性補完にはなるが、一見有利に見えても押し切れない相手はきっちり見極める立ち回りが大切。

襷・身代わり型が共に苦手で重くなりがちな連続技に対処できるポケモンと一緒に組むと多少動きやすくなる。
鋼は地震や馬鹿力が抜群だったりで頑張れば型によっては突破できるのに対し、格闘には基本的にこれといった打点が無い。
なのでそれらをカバーできるようにパーティを組んでいこう。

「つるぎのまい」や「てっぺき」などの補助技も充実している。
ただし、「てっぺき」は進化前のホイーガかBW2の教え技しか習得できないので注意。

夢特性ははやあしだがどくどくだまは使えずかえんだまだと火力が下がるので使いにくい。
一応マヒがあまり怖くはなくなるか。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

かそく
基本的にはコレ。アタッカーでもサポーターでも役割遂行の性能を向上させる。
自分より速いメガシンカ勢やこだわりスカーフ持ちにも強くなるが、先制技持ちには注意。
むしのしらせ
きあいのタスキやみがわりとあわせれば発動自体は容易だが、
強化されるのは虫技のみなので恩恵は少ない。
どくのトゲ
相手を毒状態にするのを狙うなら、どくどくやどくびしの方が有用。
弱点タイプの技は非接触技が多く、発動機会は少ない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
メガホーン120(180)85-タイプ一致技。高威力・命中不安。
シザークロス80(120)100-タイプ一致技。中威力・命中安定。
ミサイルばり25(37)*2~595-タイプ一致技。威力不安定だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
5発ならメガホーンを超えるが期待値は3発。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。性能安定。
じしん100100-対炎・毒・岩・鋼。一致技との相性補完に優れる。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対岩・鋼。能力低下が痛い。
いわなだれ7590怯み30%対炎・飛行。かそくとあわせて怯みを狙える。
アクアテール9090-対炎・岩・地面。ランドロスに。範囲はじしんと被るためどちらか選択してもいい。
おいうち40/80100-対ゴースト。相手交代で威力倍増。交代読みで。
からげんき70/140100-状態異常で威力倍増。おにび対策になるが、ゴーストには無効。
がむしゃら-100-削り技。きあいのタスキとあわせて。
変化技タイプ命中備考
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中だが、毒・鋼には無効。
どくびし-サポート用。高い素早さを活かして。
まもる-かそくのターン稼ぎに。Zワザに注意。
みがわり-補助技対策や、バトンタッチとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。バトンタッチ可。
てっぺき-防御を強化。鈍足物理を起点化。バトンタッチ可。
こうそくいどう-素早さ強化。かそくで事足りる。バトンタッチ用。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。

型考察 節を編集

撒き型 節を編集

性格:ようき
特性:どくのトゲorむしのしらせ
努力値:素早さ252 HPor攻撃252
持ち物:きあいのタスキ/レッドカード
確定技:どくびしorまきびし
選択技:メガホーン/いやなおと/じしん/いわなだれ/がむしゃら/どくどく/みがわり/まもる

素早さ112を生かしてどくびしやまきびしを撒くタイプ。最速のどくびし使い
ペンドラーはもともと素早い上に一致メガホがあるから挑発が飛んできにくい。タスキがあれば十分2回撒ける。

鉄壁バトン型 節を編集

性格:ようき
特性:むしのしらせ
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:オボンのみ/半減の実/むしのジュエル
確定技:てっぺき/バトンタッチ/メガホーン
選択技:みがわり/いわなだれ/どくびし

この型最大の利点は、ラティサザンエーフィといった高速特殊ATに厚いこと。
他の鉄壁バトン使いはどうしてもこいつらにボコボコにされるが、こいつは元から優勢。
というより鉄壁バトン使いとしては最も扱いやすい。挑発もまず打たれない。

バトン先が倒れても身代わり→メガホでATとしても使える
因みにH振りなことでボルトの10万、ゲンガーのシャドボも確定で耐える
サンダース程度の@球10万なら素耐え→しらせメガホで確1

バトン先は主に投げラッキーか瞑想ランクorサマヨ。
とにかく成功率が高いので、スカーフにさえ気を付ければOK
加速バシャも初手守るであれば鉄壁→後続バトンが成功する

A無振りでも知らせメガホーンならH振りのラティでも突破余裕なんだよな。
ただメガホーン外しが一番怖いから広角レンズもありな気がする。

半端な火力な相手には鉄壁1積みで身代わりが壊れなくなることもあった
身代わり残しで後続の無償降臨できる機会が多かったな

剣舞バトン型 節を編集

性格:ようき
特性:むしのしらせ
努力値:素早さ252 攻撃252
持ち物:むしのジュエル/カムラのみ/チイラのみ/オボンのみ/半減の実
確定技:つるぎのまい/バトンタッチ/メガホーン
選択技:みがわり(推奨)/こうそくいどう/じしん/いわなだれ/どくびし

4つ目の技は身代わり推奨、つるぎのまいを積む機会を増やせる他、むしのしらせ発動も狙える
タイプや素の耐久、攻撃性能の高さなどからテッカニンとは違った立ち回りが出来る。

この型の利点は、バトン役兼アタッカーとして使えること。
ほかのバトン役にはない火力が出せ、A全振りなら、H全振りサザンはジュエル無しで乱数1(込なら確1)、ラティなら確定で倒せる。

剣舞+ジュエル+しらせ発動ならば半減でもある程度のごり押しは可能で、
一応耐久無振りボスゴドラでも、ダメージ107~127(割合:73.7~87.5%)とそこそこ削れる。

もちろん一番の目的であるバトンをすれば、控えの物理AT暴走させることも可能。
作者の感想だが、火力で押し切った場面もあったり、立ち回りによっては身代わり以外でダメージをあまり受けないので耐久に振らないでも思ったほど困らなかった。むしろAに振っている恩恵が強かった印象

言いたいことはわかるけどこの型、基本型にバトンが入っただけでは?
↑型作成者です。
技は3つ補助技を入れることを推奨していますが、言われてみればその通りかもしれないですね
ただ、それをいいだすとほかの型もそれが言えてしまうのでは?
基本型に構成を書いていたらごちゃごちゃしますし、やれることを細かく型にしておくのも有りだと、自分は思います。

対ペンドラー 節を編集

  • 注意すべき点
    素早さ種族値が112。最速のメガホーン使い。ラティオスなどペンドラーより遅いが素早い部類のポケモンに強い。
    A種族値90とアタッカーの中では低いが、むしのしらせが発動すれば決定力もなかなか。
  • 対策方法
    虫技以外には毒、地面、岩が有力。まれにおいうちを持っている場合もある。
    エアームドでほぼ完封、物理耐久の高いゴーストタイプでもだいたい受けられる。
    ただしのんびりしていると剣舞から無理矢理攻めてきたりバトンタッチで後続を召還されるので手早く処理しよう。

襷を持って舞うか殴ってくるタイプと、身代わりからの知らせ発動型が一般的。
何れにしてもロックブラストが飛んできたら死ねるので、
敵にペンドラーが居たらコレを打てば大概何とでもなる。


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
フシデホイーガペンドラー
--1*バトンタッチ--ノーマル変化40*SM以降
--1メガホーン12085むし物理10
-1*1*てっぺき--はがね変化15*SM以降
111まるくなる--ノーマル変化40
111ころがる3090いわ物理20
-11どくばり15100どく物理35
-11いやなおと-85ノーマル変化40
555どくばり15100どく物理35
888いやなおと-85ノーマル変化40
121212おいうち40100あく物理20
151515まもる--ノーマル変化10
191919ポイズンテール50100どく物理25
-22※-てっぺき--はがね変化15
222323むしくい60100むし物理20
262828ベノムショック65100どく特殊10
--30※バトンタッチ--ノーマル変化40
293233こうそくいどう--エスパー変化30
333739ハードローラー65100むし物理20
364144どくどく-90どく変化10
38*--ベノムショック65100どく特殊10*XY以降
-43*47*ベノムトラップ-100どく変化20*XY以降
404650ロッククライム9085ノーマル物理20
435055すてみタックル120100ノーマル物理15
--65*メガホーン12085むし物理10*XY以降

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技67スマートホーン70必中はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技81シザークロス80100むし物理15
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
ダブルニードル25100むし物理20
ミサイルばり2595むし物理20
どくびし--どく変化20
まきびし--じめん変化20
とっしん9085ノーマル物理20
ロッククライム9085ノーマル物理20Lv

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
アイアンテール10075はがね物理15
アクアテール9090みず物理10
いびき50100ノーマル特殊15
がむしゃら-100ノーマル物理5
てっぺき--はがね変化15Lv
ばかぢから120100かくとう物理5
むしくい60100むし物理20Lv
よこどり--あく変化10
シグナルビーム75100むし特殊15
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別♂:♀=1:1
進化フシデ(Lv22)→ホイーガ(Lv30)→ペンドラー

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
ダブルニードルレベルスピアー/シュバルゴ
どくびしレベルスピアー/フォレトス/ドラピオン系統
とっしんレベルフォレトス系統/ヘラクロス/カブルモ/メラルバ
まきびしレベルフォレトス系統
ミサイルばりレベルスピアー/アリアドス系統/ヘラクロス/ドラピオン系統/グソクムシャ?
ロッククライム自力Lv.50