ハッサム - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ハッサム 節を編集

No.212 タイプ:むし/はがね
通常特性:むしのしらせ(HP1/3以下になると虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ライトメタル(体重が半分になる)
体重  :118.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)/ライトメタル時:59.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・メガハッサム
タイプ:むし/はがね
特性 :テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
体重 :125.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
虫/鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハッサム70130100558065500むしのしらせ?/テクニシャン?/ライトメタル?
メガハッサム701501406510075600テクニシャン?
シュバルゴ701351056010520495むしのしらせ?/シェルアーマー?/ぼうじん?
フォレトス7590140606040465がんじょう?/ぼうじん?

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)---
ふつう(1倍)  みず/でんき/かくとう/じめん/ひこう/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/こおり/エスパー/むし/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

特性「テクニシャン?」による全ポケモン中最高クラスの先制攻撃技と、
高威力のとんぼがえりによるサイクル回しという2つの個性を有する。
序盤はとんぼがえりでサイクルを回し、終盤に先制攻撃技でとどめを刺す構成が一般的。

先制技としての火力は破格の高さである一方、大技を持たず瞬間的な高火力が出せない短所がある。
また、唯一の弱点である炎が4倍弱点。後出しで出てくる炎ポケモンからはとんぼがえりで
逃げるので問題ないが、誰が持っているか分からないめざパ炎には常に注意する必要がある。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
通常テクニ
バレットパンチ40(60)90100優先度+1高威力の先制技。ハッサムの要。
アイアンヘッド80(120)100怯み30%サイコフィールド、ファストガードに防がれない。ダブル向けだがカプ・テテフ?を意識するならシングルでも採用候補。
むしくい60(90)135100相手のきのみ使用教え技。ハッサムの虫技最高威力。
シザークロス80(120)100-ウイのみ対策。どちらかと言うとダブル向け。
とんぼがえり70(105)100攻撃後交代有利対面でアドバンテージを取れる。こだわりハチマキとの相性がよい。
どろぼう6090100持ち物奪取鋼にも有効で等倍範囲の広いサブウェポン。テクニシャンで威力安定。
対メガハッサムや確定数調整を施す場合に採用。
はたきおとす65→97100持ち物消失教え技。追加効果込みでならどろぼうより高威力で追加効果優秀。
つばめがえし6090100必中マッシブーン?ヘラクロス、同族との撃ち合いを意識するなら。
でんこうせっか4060100優先度+1先制攻撃技による全抜きを主とする型において採用。
バレットパンチを半減する炎や電気などに放つ。
ばかぢから120100攻撃防御↓教え技。鋼への役割破壊技。悪技の鋼等倍化により採用優先度低下。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい--攻撃2段階上昇。先制攻撃技の抜き性能を底上げする。ただし読まれやすい。
はねやすめ--HP半分回復。役割遂行の上では、繰り出し回数稼ぎに重要。
どくどく90バルジーナスイクンなどの厄介な耐久ポケモンに。
  • その他の技
    おいうち逃げるエスパーを確実に狩る。ゴーストには役割を持てなくなった。
    アクロバット能動的に持ち物を消費する手段に乏しく、この技の採用理由である対ローブシンを意識する必要が
    (もちろん構築次第ではあるものの)現環境において薄れている。
    フェイントバレットパンチ、でんこうせっかより早く先制できる。非接触。
    ねごとキノガッサの相対的弱体化により優先度が低下。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:いじっぱりorしんちょうorわんぱく ゆうかんorなまいきorのんき
努力値:HP252 攻撃or特防252

優秀な耐性を活かして繰り出しとんぼがえりで、交代サイクルの中で優位に立つ。
特性でバレットパンチが威力90の先制技になるので、高い抜き性能も得られる。

後続がダメージを受けないよう、とんぼがえりを後手で使うため、最遅も選択肢に入る。
役割対象であるユキノオーの霰などを考慮し、HP236振りの実数値175(16n-1)にして定数ダメージを減らすのが一般的。

どの型も共通して、キノガッサ相手に身代わりを壊しながら高速アタッカーに繋ぐごまかしの対策が可能。

汎用型 節を編集

性格:しんちょう/いじっぱり/わんぱく
努力値:HP252 BD調整
持ち物:オボンのみ/オッカのみ/ゴツゴツメット
確定技:バレットパンチ/とんぼがえり/はねやすめ
選択技:つるぎのまい/どくどく/おいうち/ねごと

耐久振りにして鋼としての役割を重視。大抵はこの3技を確定。
残り枠は基本的にはつるぎのまいかどくどくだが、味方や想定する相手によっては他の技でもあり。

無補正のHD振りでラティオスの眼鏡波乗りがピッタリ確定3。
ただし雷の2耐えはメタグロスでも無理なのでD補正+オボンが必要。

配分例

S下降補正の性格の場合は全て最遅

  • 175-150-137-x-130-85or63 (わんぱくorのんき 236-0-36-0-236-0)@オッカのみ
    HB…A182ガブリアスの地震低乱2(6.3%),A204カイリューの1.5倍逆鱗低乱2(2.7%)
    HD…C182ラティオスの眼鏡波乗り低乱2(3.9%)
      C157ユキノオーの吹雪+めざ炎(オッカ)+霰ダメージ2回耐え。
    ※ラティオスの眼鏡雷をオボン込みで低乱2、オッカ以外の持ち物の時にC157ユキノオーのめざ炎+霰ダメージ耐え
  • 177-150-159-x-108-85or63 (わんぱくorのんき 252-0-196-0-60-0)@ゴツゴツメット
    バレットパンチ/とんぼがえり/はねやすめ/ねごと
    HB…A151キノガッサのローキック乱数5発(33~40)
    A200ガブリアスの地震2耐え
    A211ローブシンの命の珠ドレインパンチ2耐え(※てつのこぶしだとほぼ2発の高乱数2なので羽休め連打では役割持てず)
    HD…C182ラティオスの眼鏡流星群1.5耐え

持ち物にラムは無しか?使ってる者としては不意の事故を何度も防いでくれてかなり助かってる。
↑俺もオボン埋まってるから適当にラム持たせてるけど、結構鬼火飛んでくるからまあまあ機能するね。
ただ、この型の一番の意味は後攻とんぼ返りでアタッカーの無償降臨だから、長持ちさせるオボンか不意のめざパに強いオッカが一番。
火力に期待するならラムもありだろうけど、それはこの型じゃないと思うよ。

超霊狩り型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:しんちょう
努力値:HP252 特防252
持ち物:オボンのみ/オッカのみ
技:おいうち/はねやすめ/とんぼがえり/バレットパンチ

基本的な繰り出し範囲である草氷に加え、超霊に役割を持たせる型。
ハッサムは超霊のサブウェポンに多い闘で弱点を突かれないため、超霊狩りに向く。

シュバルゴ・メタグロスとの差別化は、羽休め、蜻蛉返り、テクニシャンの3点。
・テクニシャンはバレットパンチに補正が入るのはもちろん、本型においては役割対象の
 超霊が居座った際に1.5倍でダメージを入れられる点が非常に優秀。おいうちを使いやすくさせている。
・羽休めは無償降臨を許すので使いづらいが、役割を長持ちさせることができる。
・しかし、なんといっても最大の魅力はとんぼがえり。
 超に出せれば、居座れば即死or大ダメージ、交代すれば交代先にダメージを与えつつこちら交代と、非常に有利な二択を迫れる。

役割対象への繰り出し性能確保のため特防特化安定。
これでもゲンガーやラティオス(特に眼鏡持ち)などには
安定とは言いがたいのでオボンのみと羽休めを持たせる。

虫技は草への役割遂行技。ダメージ量的には蜻蛉返りより虫食いだが、威力以上に蜻蛉返りが優秀。
交代されても役割を持てるポケモンの後出しができ、一貫性がある。

鋼技はユキノオー、マンムー等への役割遂行技となる。

HAベース 節を編集

性格:いじっぱり
持ち物:ひこうのジュエル/はがねのジュエル/オッカのみ/オボンのみ
確定技:バレットパンチ/とんぼがえりorむしくい
選択技:ばかぢから/つばめがえしorアクロバット/ダブルアタック/つるぎのまい/おいうち

A130だがテクニシャン込みでも威力は物足りない物も多い。
むしくいはテクニシャン補正で一致90技(>シザークロス)と同じになる。

Aに220以上(実数値195以上)振っていればH4ラティオスがとんぼ返り1回で確定で落とせる。
HPも同じく220振り(実数値173/16n-3)は最低でもしたい。オッカ込みで攻撃特化鉢巻カイリューの炎のパンチ、
C252振り眼鏡ラティオスのめざパ炎と雨天下の眼鏡波乗りを全て耐える。

不一致ながら剣舞ジュエルアクロバットが強力。
起点にされがちなギャラドスを交代読み剣舞で撃退できるほか、格闘を対面で狩れる。
(ランク+1のジュエルバットでHP252振りのギャラドスが乱1)

オッカ自然の恵みが、テクニシャンで威力90の非接触物理炎技。
A特化でH振りナットレイを最低乱数以外1発。無補正無振りだと75~90%程度のダメージ。
ただし、技と持ち物にスペースを取られるうえ、1回限りとデメリットが大きい。
そのため、採用されることはあまり無く、ネタの域を出ない。

最近意地っ張りHAベースで増えてるのが、鋼ジュエルアクロハッサム
(バレパン/虫食い/アクロバット/剣の舞)
持たせてもほとんど腐ることがなく、汎用性が高いのが鋼ジュエルのメリットで、
剣舞ジュエルバレットで無振りガブくらいの耐久でも高乱数で持っていけるレベルの火力が出る。
アクロバットの火力のお陰で格闘やミラーとの殴り合いにも強い。
ジュエルを消費しなくてもアクロバットの火力はそこそこになるテクニハッサムならではのアクロの使い方。

抜きエース型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま
確定技:バレットパンチ/むしくい/つるぎのまい
選択技:でんこうせっか/ばかぢから/つばめがえし/ダブルアタック

とんぼがえりを捨て火力に特化させ、味方のサポート後や相手が削れた終盤に出して全抜きする。
グロス、ナットレイ、ラッキーなど遅い相手には虫食いを撃つ。なので努力値はASベースになる。
H252振りメタグロス、図太いB252振り輝石ラッキーは剣舞1回+ステロ込みの虫食いで確1。
HP252B84振りのナットレイ(テラキオンのインファイト耐え)は同条件で中~高乱数程度で仕留められる。

バレットパンチはもちろん確定技。1舞でちょうど意地っ張りガブリアスの珠逆鱗と同じ指数になる。
ステロでマルチスケイルが削れた陽気ガブリアスのハチマキ逆鱗耐えカイリューが舞バレットで確1になる。
舞ってない状態でもH4テラキオンがかなりの高乱数になるほどの火力なので弱点持ちは大抵沈んでくれる。

4枠目の選択肢はバレットが通り辛い炎水電に打点が入るでんこうせっかが一般的。
しかし石化だと舞っても確1になる敵は少ないので実質ステロ役が必要。
H4バシャーモはステロ+1舞石火で乱数下4つ以外で1発。天候ダメージが入ればもちろん確定。
ウルガモスの場合は、ステロさえあれば物理方面にかなり振った型でも1舞バレットが最低ダメージ以外1発。
ただしキングドラに関してはステロ+舞1回+珠石火では落とすには足りないため、もう少し削るか2回舞う必要がある。
2回舞えば石火が等倍の対策用のポケモン(HP振り熱風サンダーなど)でも間に合わなくなる。

他の選択肢について
  • つばめがえし
    1舞でビルドレ型のローブシン(H212B212振り)が一撃で落ちる。
    ハッサムミラーでも撃ち負けない。
  • ばかぢから
    攻撃が落ちるのでその後の抜き性能が落ちるが、鈍い持ちのナットレイを1舞だけで強引に落とすことができる。
    3ウェポンが通らないコバルオン、ジバコイル、ヒードランへの打点にもなる。
    (最もヒードランに関しては先制炎技でやられるので事前の対処or選出しないが望ましい)
配分
いじっぱりAS252,H4時のステータスは「146-200-120-x-100-117」。
耐久に振りたい場合はSを削る。Aを削って決定力を落としてはこの型の意味がない。
逆にSを落としすぎても虫食いで上から殴れない。すばやさ実数値表も参考にされたい。
  • 149-200-120-x-100-114(いじっぱり 28-252-0-0-0-228)
    H…10n-1
    S…最速ラッキー+2(準速バンギラス+1)
  • 159-200-120-x-100-104(いじっぱり 108-252-0-0-0-148)
    H…10n-1かつ16n-1
    S…準速ラッキー+2
  • 167-200-121-x-101-95(いじっぱり 172-252-4-0-4-76)
    H…8n-1
    S…無振り配布スイクン+1、無振りメタグロス+5

ハチマキ型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:いじっぱりorしんちょう
努力値:HP252 攻撃or特防252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:バレットパンチ/とんぼがえり
選択技:むしくい/ばかぢから/つばめがえし/おいうち/ねごと/でんこうせっか/ダブルアタック

バレパンやとんぼがえりの破壊力に期待する型。
序盤に火力を上げたとんぼがえりでダメージ蓄積させて、後半はバレパンで止めをさしていく。

ガッサは寝言で後攻蜻蛉すればいいが、ダブルアタックはテクニシャンが適用されるので候補には入るか。

  • A振り
    ラティオスに対して追い打ちを撃った場合、相手が逃げてくれればA実数値171(44振り)で確1。
    相手が逃げなかった場合攻撃特化でも低乱数1(25%)。
    流星群確3調整をしてても相手が追い打ち読みしたり、乱数で倒せると思って居座ってくると分が悪い。
    安全を考えるならとんぼがえりを撃つのが良い。
    逃げられてしまうと二度目の受け出しは出来ないが、
    ハチマキ蜻蛉を交代先に当てつつ交代先を見てポケモンを繰り出すことが出来るため、十分。
  • 調整の目安(H252振り前提)
    D実数値108(60振り) … 臆病C252ラティオスの眼鏡流星群2耐え
    D実数値121(164振り)…臆病C252ボルトロスのジュエル雷耐え、かつB<Dとなりダウンロード発動を阻止できる。

霰考慮のH実数値175(236振り)の場合、霰状態でない前提で、
D68振りで上記ラティから2回とも最大乱数をもらわなければ耐える。D76振りにすれば最大乱数でも耐える。

HAベース(鉢巻) 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252 or HAをベースに耐久調整

元々高い攻撃に鉢巻を持ち、Aに振ることでさらに破壊力が出る。
Aにある程度振ると、バレパン→殻を破る→バレパン、でパルシェンを落とせる確率が上がるからこれを意識してもいいかも知れない。
パルシェンが耐久無振りなら補正↑A196から最低ダメが51→75で倒せる。

<調整例>
実数値 165-200-133-×-100-85(努力値 いじっぱり 156-252-100-×-0-0)
バレットパンチ/とんぼがえり/でんこうせっか/選択
HB…陽気カイリュー(A186)の鉢巻逆鱗を高乱数2耐え,いじっぱりガブリアス,マンムー(A200)の鉢巻地震耐え(最大151),陽気マンムー(A182)のつらら針5発+地震耐え(4発以下なら+つぶても確定耐え)
HD…臆病ラティオス(C182)の眼鏡雷確定耐え(最大146)
A…(特化)
B4振りガブリアス(183-116)をバレットで高乱数2(91.4%)
H4ボルトロス(155-90)をでんこうせっかで高乱数2(97.7%)
H204振りサンダー(191-105)をとんぼがえり+でんこうせっか*2で高乱数
無振りマンムー(185-100)をとんぼがえり+でんこうせっかで高乱数(バレットは一撃)

↑H204 B52の方がHに多く回せて物理の確定数がほとんど変わらないので効率が良い

実数値 165-200-120-×-113-85(努力値 いじっぱり 156-252-0-×-100-0)
HD…C182ラティオスの眼鏡流星群を高乱数で1.5耐え,C146までのめざ炎耐え
HB…A200ガブリアスの逆鱗2耐え,A182ガブリアスの逆鱗2回+鮫肌2回耐え,(A200ガブリアスの鉢巻逆鱗で84~100ダメージ=確2)

実数値 175-187-125-×-110-86(努力値 いじっぱり 236-156-36-×-76-4) 
H …16n-1(霰のダメを抑える)
A …交代際追い打ちでラティオスを確一,テラキオンとマンムーをバレットで確1(11n)
HB…陽気ガブの鉢巻逆鱗二発耐え(ある程度の物理ドラゴンを受けられる)
HD…ラティオスの眼鏡流星群二発耐え(追い打ち&蜻蛉で有利な読み合いができる)
S …余り

HDベース(鉢巻) 節を編集

性格:しんちょう or いじっぱり
努力値:HP252 特防252 or HDをベースに攻撃調整

耐久に多く割いて減った攻撃力を鉢巻で補強する型。火力そのものはA無振り鉢巻>強化アイテム無しのA全振りとなる。
この型の強みは耐久と攻撃力の両方を得られる点。意地っ張りHAと比べて、繰り出し回数が稼げる。

鋼としての機能も果たすという点で、慎重HDベースも有りか。

・HD252A4(いじっぱり)時のステータス。
実数値 H177 A166 B120 C -X D132 S85
 C181(130族)の強化アイテムなしのめざ炎確定耐え これにより蜻蛉の安定感が増す。
 ラティのC182眼鏡波乗りを2発耐え
 陽気テラキオン@珠のインファイト確定耐え
 H4振りラティオスを蜻蛉で確定
 H4振りラティオスを追い打ち(交代時)→バレパンで確定

スカーフ型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 HP4
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:とんぼがえり
選択技:ばかぢからorかわらわり/むしくい/つばめがえし/アイアンヘッド/バレットパンチ/ダブルアタックorおんがえし/つじぎり/おいうち/ねごと

近作で増えた素早い低耐久に有効な型。最速で120族まで抜ける。
ハッサム=無補正無振りという印象が強いため、ほぼ確実に相手を騙せる。

技スペそこまできついってほどでもないから追い討ちも候補にはなるかも。悪技が必須ってほどでもない。
紙ゴーストならアイアンヘッドでもごり押せるし、耐久ゴーストは悪技があってもどうせ勝てない。
↑追い討ちは逃がさず倒せるから候補にはなるが辻斬りは微妙かもな…。
↑計算したが、陽気だと辻斬りで確1圏内には入らない。
辻斬りだとゲンガーは乱数、追い討ちは確2。交代際なら確1だけど。

この型、ゾロアークがいるPに対して安心して先発張れるな。
ゾロアーク側は抜けると思って火炎放射一択、襷だったらイリュージョン見てから炎受けられるやつに回せば良い。
シャンデラや600竜等炎技持ちでスカーフ巻いてそうなヤツには注意だけど。
↑実際使ってみるとゾロアークにはカウンターがあってあまり安定しない。後ろにシャンデラがいるなら話は別だが。
↑↑ゾロアークとスカーフハッサムで組めばとんぼで相手を騙せるかも
先制でとんぼされた→ゾロアークか→実はスカーフハッサムでしたって感じで 
↑さすがにダメージでバレるだろ。ゾロアークとハッサムじゃとんぼの威力が違いすぎる。
↑↑↑↑この型を使ってる者だがこいつと相対したゾロは火炎放射一択だった・・・・初期の頃だが。この型がここに載ってからか放射よりもまずカウンターが飛んできたわ。
なのでやはり後ろにシャンデラか耐久のある霊を置いておくと安心する。ミカルゲなら読まれて悪を撃たれても何とかなるか。
ちなみに相手もスカーフで炎技を撃たれ意図せず落ちてしまってもカイリュー辺りでも置いておけば逆に起点に出来たり。決して無駄死にではない。

スカーフハッサムをレーティングで愛用してるが、トリトドンと組むのと良かった。
おたがいの4倍弱点をカバーできるだけでなく、先発の多いウォッシュロトムにドロポンを誘いつつ、先制とんぼ返りでトリトドンにパスできる。
ウォッシュロトムもスカーフだと、こちらがスカーフであることがバレない上にドロポンを受けてむしのしらせ型なら発動圏内にもっていくこともできる。
特性はどちらも一長一短、素早さはスカーフバンギor120抜き(最速)推奨。
攻撃技はとんぼ返りが確定、ほかはつばめがえし・鋼・ノーマル・格闘の各種攻撃技から選択。使ってみての見解だが悪技は不要。
タスキパルシェンやドリュウズも多いので、バレパンとアイアンヘッドは選択で。ダブルアタックとおんがえし、ばかぢからとかわらわりも同様に選択。
この型の一番上に書いてあるとおり、「ハッサム=無補正無振り」という先入観故に意表をついて活躍できる型なので、スカーフ型が流行するほど使いづらくなる。
また耐久にほとんど努力値を振れず、積み技やどくどくを入れることもできないので、パーティのほかのポケモンの役割や負担が大きくなるので注意。

この型の強味は蜻蛉の火力、抵抗を活かした後出し性能の高さ、そしてその奇襲力にある。
特に後者の奇襲力は6→3見せ合いで最大限に発揮する。速攻アタッカーでこいつに当たった人は結構泣きを見てると思う。
とは言え130族と言えど技の火力は高いと言うわけではないので過信は禁物。
ちなみにハッサムで数少ない虫の知らせを有効に使える型でもある。長文失礼・・・
↑虫の知らせでOK、恩返しが候補ってことは、捨て身タックルもいいのかな?
終盤、程よく弱った炎水電気を突撃からなぎ倒しにいけそうなんだが。
どうせ、こちらだってそいつらの等倍1発で相当な痛手になる耐久なんだし。
↑そこまで悪くないと思うので使ってみた感想をききたい
↑上の人じゃないがすてみ/アイアンヘッド/とんぼ/ばかぢからで使ってみた
ボルトやガモスにそこそこいいダメージが入って重宝した。ただしさすがに一撃じゃ仕留めきれないから過信は禁物
あとはシャンデラやブルンに有効打がなくなるからそこはパーティでしっかり補う必要がある
スカーフ型は火力が不足気味なので個人的には恩返しよりすてみを押したい。反動は多少痛いが知らせ発動の補助と考えれば悪くないし

鋼技要る場面ある?等倍技は蜻蛉虫食いの両立で問題ない気がする。
↑スカーフ型全般に言えることだが本当に怯み技は強力。互いに役割外の相手と潰しあうことになる終盤では大いに活躍する
アイアンヘッドが刺さる代表的なポケモンは低耐久の毒霊闘タイプ。
ペンドラ―、ニドキング、ゲンガー、ユキメノコ、ヘラクロス、コジョンドなど

ハッサムミラーがきついので後ろは厚めに構築したほうが良い。

おいうちについて
超霊を狩れるが、低火力で拘ることで後続の起点になる可能性が高く、
範囲を狭めることにもなるので優先度は低い。

調整食べ残し型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:いじっぱりorわんぱく
努力値:HP252 防御・特防調整 残り攻撃
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/バレットパンチ/むしくいorとんぼがえり
選択技:つるぎのまい/どくどく

耐久調整・食べ残し・守るを併せることで行動回数を増やした型。
第4世代後期に流行した、いわゆる「机上論ハッサム」が有名。

守るは、回復量の増加による確定数ずらしだけでなく、こだわり持ちの相手の技固定、めざ炎の確認などにも役立つ。
選択技のつるぎのまいは、終盤での抜き性能を高めるため(バレパンとの相性もよい)。
どくどくは、守ると組み合わせることによりブルンゲルなどへどくまもを仕掛け突破の補助にするという役目があり、
どちらを選ぶかはパーティに相談といったところか。

第5世代ではどうかと思って使ってみたがたべのこし+まもるは強い。
また、まもるでゾロアークの確認や炎技の確認等できたり便利。
ポリ2のどくどくと組み合わせて流し際に舞ったりできた。
調整は昔のまま使ってたが仮想敵に当たることが少なく、役立ったかは分からなかった。

具体的調整例
第5世代に入って環境が変わったので要再調整。
左から順にH-A-B-C-D-S (性格 各ステータスがVの時の努力値振り)
  • 177-165-136-x-117-85 (いじっぱり 252-0-124-0-132-0)(机上論ハッサム)
    守るを1回挟んで
     意地っ張りマンムーの地震2耐え
     臆病眼鏡ラティオスの波乗り2耐え
  • 177-152-133-x-130-86 (わんぱく 252-12-4-0-236-4)
    守るを挟まずに
     陽気ガブリアスの地震2耐え(これ自体はB132でも可能)
     臆病ラティオスのめざ炎耐え
  • 177-159-148-x-109-86 (わんぱく 252-68-116-x-68-4)
    守るを1回挟んで
     陽気テラキオンのインファイト2耐え
    守るを挟まずに
     控え目眼鏡サザンドラの竜星群1.5耐え
    バレパンでH4振りインファ後テラキオンを珠ダメージ込みで高乱数1

対ハッサム 節を編集

要注意ポケ対策/ハッサム?


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th
5th
6th
SM
威力命中タイプ分類PP備考
ストライクハッサムストライクハッサムストライクハッサム
--1*-1-しんくうは40100かくとう特殊30*Pt以降
-----1フェイント30100ノーマル物理10
---1*-1バレットパンチ40100はがね物理30*Pt以降
111111でんこうせっか40100ノーマル物理30
111111にらみつける-100ノーマル変化30
665555きあいだめ--ノーマル変化30
11119999おいうち40100あく物理20
161613131313みねうち40100ノーマル物理40
212117171717こうそくいどう--エスパー変化30
26-21-21-つばさでうつ60100ひこう物理35
-26-21-21メタルクロー5095はがね物理35
464625252525れんぞくぎり4095むし物理20
313129292929きりさく70100ノーマル物理20
--33333333かまいたち80100ノーマル特殊10
4141*37-37-かげぶんしん--ノーマル変化15*RSEのみ
-41*-37-37てっぺき--はがね変化15*FL以降
--41414141シザークロス80100むし物理15
--45454545つじぎり70100あく物理15
--49494949ダブルアタック3590ノーマル物理10
--53-50-エアスラッシュ7595ひこう特殊15
---53-50アイアンヘッド80100はがね物理15
363657575757つるぎのまい--ノーマル変化20
--61*61*6161フェイント30100ノーマル物理10*Pt以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技37すなあらし--いわ変化10
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技81シザークロス80100むし物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技58こらえる--ノーマル変化10タマゴ
技62ぎんいろのかぜ60100むし特殊5タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15タマゴ
VC第1世代
技09とっしん9085ノーマル物理20
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技20いかり20100ノーマル物理20
技31ものまね-100ノーマル変化103rd:教え技
技34がまん--ノーマル物理10
技39スピードスター60-ノーマル特殊204th:教え技
技40ロケットずつき130100ノーマル物理10
秘01いあいぎり5095ノーマル物理306th:秘01

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
かまいたち80100ノーマル特殊10Lv
きしかいせい-100かくとう物理15
ぎんいろのかぜ60100むし特殊5
こらえる--ノーマル変化10
バトンタッチ--ノーマル変化40
むしのさざめき90100むし特殊10
つじぎり70100あく物理15Lv
きりばらい--ひこう変化15
はがねのつばさ7090はがね物理25技51
ファストガード--かくとう変化15
しんぴのまもり--ノーマル変化25技20
ひかりのかべ--エスパー変化30技16

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
はたきおとす65100あく物理20
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
てっぺき--はがね変化15Lv
HSおいかぜ--ひこう変化30
HSむしくい60100むし物理20
ばかぢから120100かくとう物理5
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20Lv/技75
すてみタックル120100ノーマル物理15
FL/Emカウンター-100かくとう物理20
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化10タマゴ/4th:技58
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20Lv
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
HSずつき70100ノーマル物理15
はねやすめ--ひこう変化10技19

その他 節を編集

第5世代

威力命中タイプ分類PP詳細
バトンタッチ--ノーマル変化40PDW

第3世代

威力命中タイプ分類PP詳細
あさのひざし--ノーマル変化5XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数6400歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で3200歩)
性別♂:♀=1:1
進化前ストライク

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
カウンターレベルヘラクロス
バトンタッチレベルレディアンアメタマテッカニンペンドラー
きしかいせいレベルヘラクロスシュバルゴ
こらえるレベルヘラクロスクルミルカブルモ
ぎんいろのかぜレベルバタフリーモルフォンレディアンアゲハントドクケイルアメモースガーメイル
ウルガモス
むしのさざめきレベルバタフリーレディアンアゲハントドクケイルアメモースガーメイルビブラーバ
メガヤンマコロトックミツハニークルミルシュバルゴアギルダーデンチュラ
ウルガモスビビヨン
きりばらい旧マシン4th:バタフリー(秘05)・4th:メガヤンマ(秘05)など
旧自力4th:秘05
ファストガードレベルシュバルゴ(Lv8)