トリトドン - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

トリトドン 節を編集

No.423 タイプ:みず/じめん
通常特性:ねんちゃく(持ち物を奪われない)
     よびみず(みずタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
          ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のみずタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
隠れ特性:すなのちから(天気が「すなあらし」の時にじめん、いわ、はがねタイプの技の威力が1.3倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重  :29.9kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
水/地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性くさむすびの威力
トリトドン1118368928239475ねんちゃく/よびみず/すなのちから60
ヌオー958585656535430しめりけ/ちょすい/てんねん80
ラグラージ10011090859060535げきりゅう/しめりけ80
ナマズン1107873767160468どんかん/きけんよち/うるおいボディ40
ガマゲロゲ1059575857574509すいすい/どくしゅ/ちょすい80

ばつぐん(4倍)くさ
ばつぐん(2倍)---
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

特性「よびみず」の場合、みず無効
※フリーズドライで4倍


数値上はラプラスの方が硬く、特攻はこちらのが高いもののハイドロポンプや雷の高威力技や氷の礫などを覚えるため、アタッカーとしては劣る。
しかし、こちら側はアンコールやあくびや怒りの前歯などの使いやすい補助技が多く、特性で炎を半減できるので一長一短。
むしろ絶対零度の試行回数を増やすならトドゼルガの方に分がある。

霰状態ではアイスボディにより無限戦術が行え驚異的な粘り強さを発揮する。

BWでの強化は特になく、強いてあげるならじならしを覚えたぐらい
超火力のポケモンは増えたが、一致弱点技にさえ気をつければ、今世代でも十分通用すると思う

前歯塩水は、各型に選択肢として統合されている。前歯だけでも強い。

夢特性はどんかん。メロメロとゆうわくを無効化するが、役立つ状況が限定的すぎるので採用価値はない。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ねんちゃく
オボンのみやたべのこしを持たせるなら。耐久型対策のトリックに強くなる。
はたきおとすを撃たれても道具を排除されないが、威力上昇の効果は受ける。
よびみず
水に対して役割を持てる。ダブルでは水弱点の相方を守れる。
特にいかく持ちウインディ霊獣ランドロスはトリトドンの防御の低さも補えるので相性が良い。
すなのちから
隠れ特性。火力を補強できるが、対象技が少なく、砂下限定なので使いにくい。
ダブルですなおこし持ちと組む場合でも、彼らの弱点をカバーできるよびみずの方が有用。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力砂力命中追加効果備考
なみのり90(135)-100-タイプ一致技。ハイドロポンプは覚えない。ダブルでは周囲全体攻撃。
だくりゅう90(135)-85命中↓30%タイプ一致技。追加効果が優秀だが命中不安。ダブルでは相手全体攻撃。
ねっとう80(120)-100火傷30%タイプ一致技。追加効果が優秀だが、あくびやどくどくとの相性は悪い。
だいちのちから90(135)175100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
れいとうビーム90-100凍り10%対草・ドラゴン。一致技との相性補完に優れる。
ふぶき110-70凍り10%霰やZクリスタルとあわせて。
ヘドロウェーブ95-100毒10%対草。フェアリーにも。ダブルでは周囲全体攻撃。
ヘドロばくだん90-100毒30%良くも悪くも毒の追加効果が出やすい。
クリアスモッグ50-必中能力変化解除積み技対策・起点化回避に。
まとわりつく20-100拘束ダメダメージ源や、どくどくとあわせて。
めざめるパワー-60-100-相性補完に。対水の草・電気など。
ミラーコート--100優先度-5特殊技を倍返し。チョッキとあわせて。
物理技タイプ威力砂力命中追加効果備考
じしん100(150)195100-タイプ一致技。ダブルでは周囲全体攻撃。
たきのぼり80(120)-100怯み20%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
ストーンエッジ10013080急所ランク+1対虫・飛行。地面技との相性補完に優れる。
カウンター--100優先度-5物理技を倍返し。ゴーストには無効。
じわれ--30-有効打の無い相手に。飛行やふゆう、がんじょうには無効。
変化技タイプ命中備考
じこさいせい-回復技。耐久性能の向上に。
どくどく90ダメージ源。毒・鋼は呼びにくい。
あくび-流し技。起点作りに。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
たくわえる-防御・特防を補強。Zワザ化でHP全回復。

型考察 節を編集

霰パ型(通称:無限トドゼルガ) 節を編集

特性:アイスボディ
性格:ずぶといorおくびょう
努力値:HP16n+1調整(H実数値209推奨) 防御素早さ調整
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/みがわり
選択技:ふぶき/ぜったいれいど/なみのり/いかりのまえば/しおみず/アンコール/ほえる

アイスボディを活かした、無限戦術を行う型。
アイスボディ+たべのこし+みがわり+まもるを使って相手を完封する。
具体的には、みがわり→まもると行動していればこちらの体力は減らず、相手は霰ダメで消耗していく。
身代わりを置ける体力が残ってさえいればループできるため、非常に強力。

基本的な立ち回りは、ユキノオーに霰を降らせてから、起点に出来る相手に受け出しor死に出しとなる。
そのため、ユキノオー・トドゼルガの苦手とするポケモンは、他の四体できちんと対策しておく必要がある。
具体的には、格闘・鋼の一貫性を消すためにサンダーを入れる、岩・炎を牽制するためにガブリアスを入れるなど。

なんでここまで無視されていたのかわからないけど、霰前提だし吹雪は当然の選択肢なので追加。
実際に採択率は高い。

使用する上での注意点
単にみがわり+まもるをやってれば勝ちと言うわけではなく、注意点も多く存在する。
以下、主な注意点を簡単に紹介。

  • 状態異常技(どくどく、おにび)
    相手が自分よりも早いor受け出しする場合は注意。
    身代わり分の体力を回復できず、無限戦術が成り立たなくなってしまう。
    とくに、どくどくは誰でも扱える上、喰らったら機能停止と最も警戒するべき技の一つ。
    マヒについても、動けないターンによっては簡単に突破される恐れがあるので、やはり要警戒。
    逆に、身代わりを置くことが出来れば、これらの心配はほぼなくなる。

  • アンコール
    身代わりを貫通する。
    まもる・みがわりのどちらをアンコールされてもこちらに隙が生じる。
    覚えるポケモンは限られているが、コンボを簡単に崩されるため、要警戒。

  • ちょうはつ
    アンコール同様、身代わり貫通。
    攻撃技は使えるのでアンコール程の脅威ではないが、警戒しておくこと。

  • 連続技
    主に、ロックブラスト・タネマシンガンのこと。
    襷パルシェンはユキノオーと併せて突破される恐れがあるので要注意。

  • 後攻ボルトチェンジ
    身代わりを破壊された上で、相手ポケ(おそらくトドを一撃で倒せるor身代わり貼れない圏内まで持っていける)が出てくる。
    水ロトムやシビルドンなどは要注意だが、ボルトチェンジ持ちは大体素早いので、警戒する相手は限られる。
    とんぼがえりで身代わりを破壊されることはあまりないが、鉢巻ハッサムは完全にアウト。

  • バンギラス
    無限トドを使う上で最も注意するポケモンの一匹。
    天候を変えられる上、一致弱点を突かれる。
    ユキノオー共々苦手とするポケモンなので、パーティ構築段階からバンギラスに対する解答は用意しておくのが望ましい。
選択肢考察
みがわり/まもる以外の二枠は、どれを選んでも穴は生じる。
パーティの足りないところを埋めるよう、しっかり考えて選択すること。

  • ぜったいれいど
    霰が効かないポケ(ランクルスなど)や、耐久ポケ(ラッキーなど)に対して打つ技。
    食べ残し持ちへの有効打にもなり、選択肢の中では優先度は高め。
    持っているだけで圧力になることは多いが、身代わりには無力。

  • いかりのまえば
    トドに対して交代で出てくる対策ポケに打つ技。
    それ以外でも、処理速度を速めたり、後続に抜きエースがいる場合などの補助にもなる。

  • なみのり
    安定したダメージソース。
    みがまもで空いたターンに打ったり、ユキノオーの苦手な炎と打ち合う時に便利。
    尚、氷技はユキノオーに任せればいいため、基本的にトドゼルガには不要。

  • ほえる
    食べ残し+みがわりをする相手に対して有効。
    一時的な流しでしかないので、後続で突破手段を考えておくこと。
HP調整について
(アイスボディ+食べ残し)×2=身代わりの体力となるよう、16n+1~3に調整する。
これ以外のHPだと、(アイスボディ+食べ残し)×2<身代わりとなり、徐々に体力が減っていってしまう。
基本的には、H188振り(実数値209=16n+1)がオススメ。
BSに多くに努力値を割きたい場合、H実数値193も候補に挙がるが、身代わりが地球投げを耐えないので基本的には209~211の範囲で選択すること。
素早さ調整について
先制で身代わりを貼れれば勝ったも同然なので、基本は臆病最速。
ポイヒキノガッサと同じく、こういった無限型は先手を取れる相手を増やすことが大事。


しかし、元のS種族値がさほど高くなく、耐久が高いので「身代わりが貼れる体力を残して一発耐える」ことを目的にした耐久振りも考えられる。
S実数値を105程度に抑えておけば、水ロトムの後攻ボルトチェンジを防ぐことができるのもメリット。
パーティに応じた調整が必要となってくる。
調整例
  • 実数値 209-×-119-115-110-128(努力値 臆病 188-×-68-0-0-252)
    H …16n+1
    HB…A187グロスの鉢巻コメパンに受けだしてループ可能
      (割合: 63.6%~75.1%で、食べ残し一回入れば身代わりが貼れる)
    S …最速

対耐久型 節を編集

特性:あついしぼう
性格:ずぶといorおだやか
努力値:HP252 防御252 or 特防252
持ち物:たべのこしorカゴのみ
確定技:ぜったいれいど/アンコール
選択技:なみのり/れいとうビーム/ふぶき/いかりのまえば/ほえる/たくわえる/ねむる/どくどく

霰パ以外でこいつを使うなら。
決定力のないアタッカーや相手の耐久型にぶつける。
アンコと零度で相手の耐久型を潰す。
ジュゴンでも同じことができるが、耐久、火力共にこちらが上回る。
トドゼルガが有利な頑丈組に対しては波乗りか冷凍ビーム(ふぶき)どちらかががあればほぼ対応できる。
身代わりや攻撃系の積みに対しては吠えるで楽に出対応できるが、読んでアンコしてもいい。

対トドゼルガ 節を編集

  • 注意すべき点
    特性「アイスボディ」を活かし、霰下でみがわりとまもるを繰り返すことで延々と居座る型(無限トドゼルガ)は要対策。
    相性が良くてもトドゼルガのHPを1/4以下に減らせないと完封されてしまう。
    素早さに振っていることが多いため、遅いポケモンの攻撃では勝てない。
    臆病最速だと準速75族・無振り106族まで抜かされてしまう。
  • 対策方法
    みがわりを使われる前にHPを1/4以下に減らせれば勝てる。
    天候変化、連続技、どくびし、ちょうはつ、強制交代技、アンコール、ほろびのうたのような変化技が有効。
    ユキノオーがいなければ成立しないため、トドゼルガと同時に対策できるようにしたい。

ロックブラストで安定・・・と言いたいところだが、ロックブラストが使えるポケモンは水や氷弱点ばかり
タネマシンガンも同様。テクニシャンのチラチーノなら一応弱点を突かれずに本体にダメージを与えることは可能。アンコも使える
一番安定なのはどくびしを撒いて無限ループを断ち切ってしまうこと
どくびしがある限りトドは出てこれなくなる
また、アンコールも効果的。サーナイトでアイスボディをトレースしつつアンコしたり、ニョロトノで天候変えつつアンコすると安定する
↑ニョロトノだと、ユキノオーがまだ残ってて出てこられたら辛くない?
また天候変えられ、メインのドロポンはきかなくてあっちからタイプ一致で弱点を突かれる。
勝つにはノオーを読んできあいだま2発あてなきゃいけないからやや不利な読みを強いられるような。
ノオーが死んでたら天候変えた時点でもうトドは置物当然だけど
↑きあいだま2発コースは無理があるから、ニョロ出したあとのこっちの手はアンコか交換かになるかな
ノオー潰すもう一体が必要になる

パルシェンはどうかな?あられも無効だし、霰パに多いマンダも牽制できる。
↑からをやぶる読みでアンコされるときついと思う。
↑逆にアンコール読みもできるし、素早さで勝ってるから安定はしないけど有利だと思う
↑からをやぶらなくても、ロックブラストで身代わり破壊、本体に大ダメージだから対策としては十分。
スキルリンクロックブラストは霰パのほかのメンバーにも結構刺さるし。


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

4th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
カラナクシトリトドン
11どろかけ20100じめん特殊10
-1どろあそび--じめん変化15
-1かたくなる--ノーマル変化30
-1みずのはどう60100みず特殊20
22どろあそび--じめん変化15
44かたくなる--ノーマル変化30
77みずのはどう60100みず特殊20
1111どろばくだん6585じめん特殊10
1616めざめるパワー60100ノーマル特殊15
2222あまごい--みず変化5
2929のしかかり85100ノーマル物理15
3741だくりゅう9085みず特殊10
4654じこさいせい--ノーマル変化10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技55ねっとう80100みず特殊15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技98たきのぼり80100みず物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
秘07ダイビング80100みず物理10
第4世代
技03みずのはどう60100みず特殊20Lv/教え
技55しおみず65100みず特殊10タマゴ
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05うずしお3585みず特殊15HGSSのみ

タマゴ技 節を編集

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
ミラーコート-100エスパー特殊20
たくわえる--ノーマル変化20
のみこむ--ノーマル変化10
はきだす-100ノーマル特殊10
あくび--ノーマル変化10
おきみやげ-100あく変化10
のろい--ゴースト変化10
ドわすれ--エスパー変化20
じわれ-30じめん物理5
HSヘドロこうげき65100どく特殊20
きりふだ--ノーマル特殊5
クリアスモッグ50-どく特殊15
しおみず65100みず特殊10
しろいきり--こおり変化30
とける--どく変化20

教え技 節を編集

4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
こごえるかぜ5595こおり特殊15
いびき50100ノーマル特殊15
だいちのちから90100じめん特殊10
HSいたみわけ--ノーマル変化20
HSとおせんぼう--ノーマル変化5
みずのはどう60100みず特殊20Lv
ダイビング80100みず物理10秘07
どろかけ20100じめん特殊10Lv
げんしのちから60100いわ特殊5
HSいとをはく-95むし変化40
HSずつき70100ノーマル物理15
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1/不定形
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

カウンターナマコブシ?(L17)/ソーナンス(L1)/ウパー(卵・教)/ヤドラン(教)/ゴクリン(教)/サマヨール(教)など
ミラーコートソーナンス(L1)/サニーゴ(L48)など
たくわえるフワンテ(L25)/ゴクリン(L34)/ベトベター(卵)/マグマッグ(卵)など
  〃ドーブル(ス)など⇒ウパー(卵)/タマザラシ(卵)
あくびヤド(L1)/マグマッグ(L1)/ゴクリン(L6)/ウパー(L29)/タマザラシ(卵)など
おきみやげナマコブシ?(L49)/ミカルゲ(L43)/ベトベター(L49)/マグマッグ(卵)/ヨマワル(卵)/フワンテ(卵)など
のろいナマコブシ?(L25)/ヤド(L1)/ミカルゲ(L1)/ヨマワル(L30)/ベトベター(卵)/ウパー(卵)/マグマッグ(卵)/ゴクリン(卵)/タマザラシ(卵)など
ドわすれゴクリン(L17)/ウパー(L23)/マグマッグ(L31)/ヤド(L43)/サニーゴ(卵)など
じわれマッギョ(L61)/ドーブル(ス)など⇒タマザラシ(卵)など
クリアスモッグドガース(L19)/ドーブル(ス)⇒コダック(卵)など
とけるベトベター(L43)/Aベトベター?(L43)