ゼブライカ - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ゼブライカ 節を編集

No.523 タイプ:でんき
通常特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
     でんきエンジン(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し素早さを1段階上げる。)
隠れ特性:そうしょく(くさタイプの技を受けた時、その技を無効化し攻撃を1段階上げる。)
体重  :79.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
電気/物理HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性炎技
ゼブライカ75100638063116497でんきエンジン?/ひらいしん?/そうしょく?オーバーヒート・ニトロチャージ
エレキブル7512367958595540でんきエンジン?/やるき?ほのおのパンチ
レントラー8012079957970523とうそうしん?/いかく?/こんじょう?ほのおのキバ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「でんきエンジン?」「ひらいしん?」の場合、でんき無効
特性「そうしょく?」の場合、くさ無効


攻撃面は控えめだが、電気タイプの中ではマルマインサンダースに次ぐ素早さをもつ。

ライボルトエレキブルと同様に炎タイプの技を覚える。
また、すべてのドラゴンより素早さが高いため、ラティオス等のりゅうせいぐんをさきどりすることができる。
めざパを「さきどり」した場合、タイプと威力は自分の個体値で決定されるので、めざ地を搭載していそうな相手を想定して個体値調整しておくのもありかもしれない。

特性について
でんきエンジンだとスカーフを持っていそうな相手に受けられても安定して行動できるようになる。
ひらいしんだと特攻に振らずとも特殊技の火力補強ができる。
素早さの高さとサブの関係上、特攻を上げられるひらいしんの方が有用であると思われるが、
素早さ上昇によるメリットがないわけではないので好みの問題となる。

スカーフ型について
ドラゴンへの先制さきどりを確実に成功させるためや、ゼブライカよりも遅いスカーフ持ちなんかに対しては有効。
ただしドラゴンへはさきどり以外にめざ氷くらいしか有効打がないうえに、さきどり警戒でドラゴン技を撃ってくるかも分からない。
主な仮想敵であるスターミーの持ちもの(スカーフやタスキ)を考えたら、ゼブライカにタスキ持たせたほうがタイマンで勝てるし汎用性がある。

物理、特殊、両刀の型を統合するという意見を受け、
とりあえず物理型と両刀型をまとめて基本型とし、特殊型とわける形をとってみました。
物理と両刀を統合した理由としては、
・どの型にも特殊技(オーバーヒート)がほぼ必須である
・物理と両刀の違いが攻撃面における調整の有無だけである(物理はA全振り)
といったところです。

物理型はA極振り確定なだけで特殊技抜くことないし、両刀は種族値調整しただけ。
そもそもどの型も速攻アタッカーでやること一緒なんだからよくないか?
↑フルアタ型と基本型の2つにも分けられないか?
↑↑無理にまとめることに何の意味があるの?型が乱立してるならともかくもう少し様子を見てもいいはず。
仮想敵によって耐久振りの調整先も変わるんだから今まとめてしまうのは早計
↑あー、そうか、耐久調整か。それにしても両刀型は存在意義が希薄な気もするが・・・フルアタ型に名前変えていい?
↑いや、特殊型はライボルトの劣化になるし、正直こいつでやる価値はあまりないだろ。
それと耐久調整だけど、物理はろくに耐えられそうにない。
ゼブライカが無補正無振りだと、種族値80程度の攻撃特化じしんから乱数で落ちる。
メジャーどころだと、A無補正252マンダのじしんはほぼB全振りでギリ確定2、
鉢合わせから先制で2発めざパぶちこめば無補正無振りのCでも倒せないことはないがこいつでやる必要は全くない。
特殊耐久はスターミーの道具なし無補正252振りハイポンをギリギリ耐える。実際は逃げるが。
というか電気タイプの紙耐久が物理に耐えようとするのが間違い。
こいつの攻撃種族値はそこまで高いといえるレベルではないし特攻は「低くない」という程度だから下手に耐久調整するより
最速確定で攻撃/特攻を仮想的に合わせて調整するほうがマシ。
しかし無補正だと珠もってC212振りでH252グロスがやっと超低乱数1。素直に最速物理で使うのが一番いいように思える。
一応、特防特化ナットレイなら無補正無振りでもオバヒの下降込みで確定2。こいつの特攻は役割破壊のためにあると考えるべき。
物理と両刀と特殊っていう言い方が話をこじらせてる気がするなあ。物理型はさきどり(もしくはエンジン)型、両刀型はフルアタ型と名前を変えて、溢れた議論を特殊(もしくは避雷針)型に回せば落ち着くと思うんだけど、どうだろう?

隠れ特性はそうしょく。
電気技(特に電磁波)は受けられなくなるものの、炎技と合わせて草タイプに対してかなり強気に出られるようになった。
キノコのほうしややどりぎのタネを無効化できるのも大きい。
そもそもゼブライカに電気タイプの技を出すのはかなり勇気がいる行動である為交代読みで出せない以外ではそうしょくの方が優秀かもしれない。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ひらいしん
電気技を引き寄せて無効化。ダブルで電気弱点の相方を守れる。
オーバーヒートやボルトチェンジなど特殊技を採用すれば、特攻上昇の恩恵も受けられる。
電気技読みで後出しもできるようになるが、トレースには注意。でんきエンジンも同様。
でんきエンジン
こちらは素早さを上げられるが、元々素早いので優先度は低い。でんじはもタイプ特性で無効。
ひらいしんと違い引き寄せ効果は無いので、ダブルで味方の電気技を邪魔したくない時に。
そうしょく
炎技・Zとびはねる所持と相まって、電気の通りが悪い草に役割が持てるので優先度は一番高い。攻撃上昇も活かしやすい。
また、そうしょく持ちでは最速で、へびにらみ無効といった点から、あまのじゃくジャローダ対策にもなる。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ワイルドボルト90(135)100反動1/4タイプ一致技。反動が痛い。
すてみタックル120100反動1/3等倍範囲は広いが、反動が大きい。
とびはねる8585溜め攻撃
麻痺30%
対草。Zクリスタルとあわせて。
ニトロチャージ50100素早↑100%対草。抜群でも等倍すてみタックル以下。
追加効果が優秀だが、素早さは元々高い。
おいうち40/80100-相手交代で威力倍増。流し性能は高くない。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。不利対面回避に。
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨やZクリスタルとあわせて。
オーバーヒート13090特攻↓↓対草。連発は効かない。両刀・撃ち逃げ向き。
めざめるパワー-60100-4倍狙いで氷・草など。
変化技タイプ命中備考
さきどり-リスキーだがゴースト・ドラゴンへの対抗策として。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
いやなおと85耐久型対策。擬似的に攻撃を強化。
みがわり-補助技対策。でんじはと相性が良い。
でんじふゆう-地面技対策。耐性向上に。
プラズマシャワー-優先度+1。そのターン、ノーマル技が電気技に変化。
ひらいしんやでんきエンジンとあわせて。ダブル向け。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:ようき/せっかち/むじゃき
努力値:攻撃252 素早さ252 or 攻撃・特攻調整 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ふうせん/しろいハーブ/各種ジュエル
確定技:ワイルドボルト/オーバーヒート
攻撃技:ボルトチェンジ/ニトロチャージ/おんがえし/すてみタックル/でんこうせっか/おいうち/めざめるパワー(草/氷)
補助技:さきどり/でんじは/いやなおと/みがわり

第五世代で新しく登場した技ワイルドボルトをメインに使う型。
サブのオーバーヒートとの相性がよく幅広く攻撃できる。
電気では唯一のさきどり使い、しかもアギルダーに次ぐ早さ。攻撃と特攻どちらも高めだから有効に使える。
性格はようきでもいいが、耐久を下げたところで大して変わらないのでせっかち、むじゃきの方が優先されるか。
せっかちなら臆病スターミーのドロポンを耐えられたりするが、むじゃきなら多くの先制技のダメージが減る。

・せっかちAS@いのちのたま:ワイルドボルト/オーバーヒート/さきどり/みがわり
初手はほぼみがわり。Sが高いのでどんな状況でも安定して機能する。
例えばスターミーなどのこちらが有利な相手と出くわした時でも、相手が居座ってドロポン撃ってくれば襷だと分かってその後の対処がしやすい。
不利な相手と出くわした時にも、相手の持ち物をある程度予想できる。
何よりドラゴンに交換された後のさきどりの読みの負担が、身代わりあるかないかでは全く違ってくる。
身代わりは入れて損は無いと思う。
↑の型で身代わりからの先取り使ってみたけど
ガブ&マンダは地震、カイリューは神速、オノノは竜舞→地震orチョップと、600竜相手に先取りは全く機能しなかった
こいつ相手に竜技は打ちにくい、どころかそもそも撃つ必要が無いから飛んでこないのが現状
竜には効かなかったけど、サルに先取り地震直撃させたりサブ技地面の炎ポケモンによく刺さる印象
↑ガブマンダの場合だとめざ氷意識してか交換のケースが多い さきどりも読まれ易いのがネックだよな

特殊型 節を編集

性格:おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/ふうせん/しろいハーブ/こだわりメガネ/各種ジュエル
確定技:10まんボルトorかみなり/オーバーヒート
選択技:ボルトチェンジ/めざめるパワー(草/氷)/さきどり/でんこうせっか/でんじは

メインに特殊を採用した型。サブのオバヒやめざパの火力も上がる。
また、反動技がないためにタスキを持たせることも容易となる。
10まんボルトorかみなりとボルトチェンジは両立もあり。
この速さからのボルトチェンジはかなり優秀。オバヒ撃ち逃げ+襷潰しがアイデンティティとなる。

拘らずに決定打を打てるようにするため、持ち物にジュエルを追加。
めざ氷で201ガブが高乱1、めざ草でH全振りラグが中乱1、オバヒでH全振りグロスが確1になる(すべて無補正C全振りジュエル込み)。
他には、避雷針発動ジュエルかみなりでH全振りウォッシュロトムが確1なんかも。相手のボルチェンにあわせて出せるため思ったよりも決めやすいかと。
メガネもありだが、地面を呼びやすい性質上扱いが難しくなる。

先取りを生かすなら特殊の方が向いている。
物理竜はコイツを見たら地震してくるだけだが特殊竜なら流星ぶっぱが多かった。
またシャンデラも炎技がオバヒの場合コイツならシャドボで足りると考えてシャドボを打ってくる。
他にもニド夫妻の大地の力などカモが多いのは特殊。

岩物理の地震はA特化で先取りしても倒しきれないことが多い。

対ゼブライカ 節を編集

  • 注意すべき点
    典型的な低耐久高速アタッカーで、電気タイプ唯一のさきどり使い。
    どのドラゴンよりも素早さが高く、攻撃・特攻どちらもそれなりにあるため竜技が撃ちにくい。
    また、電気技を無効化しつつ能力を強化する特性を持っているので、水・飛タイプなどの電気弱点との組み合わせには注意。
  • 対策方法
    素の火力はそこまでなく積み技も無いので、アタッカーで潰しにかかるのではなく電気等倍以下かつサブウエポンで4倍弱点を突かれないポケモンで受けるとよい。
    ただし交代際のボルトチェンジには注意。カバルドンなどの地面タイプの高耐久なら安定して繰り出せる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
シママゼブライカ
-1*プラズマシャワー--でんき変化25*XY以降
11でんこうせっか40100ノーマル物理30
-1しっぽをふる-100ノーマル変化30
-1じゅうでん--でんき変化20
-1でんじは-90でんき変化20
44しっぽをふる-100ノーマル変化30
88じゅうでん--でんき変化20
1111でんげきは60-でんき特殊20
1515でんじは-90でんき変化20
1818ニトロチャージ50100ほのお物理20
2222おいうち40100あく物理20
2525スパーク65100でんき物理20
2931ふみつけ65100ノーマル物理20
3236ほうでん80100でんき特殊15
3642こうそくいどう--エスパー変化30
3947ワイルドボルト90100でんき物理15
4353あばれる120100ノーマル物理10
-58*プラズマシャワー--でんき変化25*XY以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技72ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技73でんじは-90でんき変化20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技93ワイルドボルト90100でんき物理15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いかり20100ノーマル物理20
いやなおと-85ノーマル変化40
こらえる--ノーマル変化10
さきどり--ノーマル変化20
すてみタックル120100ノーマル物理15
すなかけ-100じめん変化15
とっしん9085ノーマル物理20
にどげり30100かくとう物理30
でんげきは60-でんき特殊20Lv/教え
よこどり--あく変化10教え

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
とびはねる8585ひこう物理5
シグナルビーム75100むし特殊15
でんじふゆう--でんき変化10
いびき50100ノーマル特殊15
でんげきは60-でんき特殊20Lv/タマゴ
よこどり--あく変化10タマゴ
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

いかりレベル技:オコリザルケンタロスノコッチグランブル系統・ワルビアル系統・ヒヒダルマ系統・バッフロン
いやなおとレベル技:アーボック系統・ペルシアン系統・Aペルシアン?系統・ゴルダック系統・オコリザル系統・エテボース系統・ブラッキーノコッチマニューラ系統・バクオング系統・ハブネークカクレオンスカタンク系統
こらえるレベル技:ノコッチゴマゾウヤルキモノパチリスミミロップ系統・マンムー系統・ツンベアー系統
さきどりレベル技:オオタチ系統・オドシシアブソルルカリオ
すてみタックルレベル技:ラッタ系統・Aラッタ?系統・イーブイバクフーン系統・ノコッチゴマゾウマッスグマエネコドンメルパッチールカバルドン系統・メブキジカ系統・ゴーゴート系統・キテルグマ?系統・ナゲツケサル?
すなかけレベル技サンドパン系統・ダグトリオ系統・Aダグトリオ?系統・カモネギイーブイ系統・エテボース系統・オドシシバシャーモ系統・グラエナ系統・マッスグマ系統・カバルドン系統・ミルホッグ系統・レパルダス系統・ワルビアル系統・ズルズキン系統・メブキジカ系統・トリミアンデカグース?系統・ルガルガン?系統
とっしんレベル技:ガーディギャロップ系統・ジュゴン系統・ドサイドン系統・ケンタロスイーブイデンリュウ系統・ノコッチマンムー系統・ゴマゾウオドシシグラエナ系統・ジグザグマバクーダ系統・ビーダル系統・カバルドン系統・エンブオー系統・メブキジカ系統・ブリガロン系統・ホルード系統・カエンジシ系統・ゴーゴート系統・トリミアンデカグース?系統・キテルグマ?系統・ナゲツケサル?
にどげりレベル技:ニドキング系統・サンダースバシャーモ系統・メブキジカ系統・ホルード系統・バンバドロ?系統
でんげきは自力習得:(レベル技)
よこどりレベル技:マニューラ系統・レパルダス系統・クイタラン
自力習得:(ORAS教え技)