ストライク - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

ストライク 節を編集

No.123 タイプ:むし/ひこう
通常特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のとき、むしタイプの技の威力が1.5倍になる)
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
体重  :56.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ストライク70110805580105500テクニシャン/むしのしらせ/ふくつのこころ
130130600しんかのきせき・無振り換算
ハッサム70130100558065500むしのしらせ/テクニシャン/ライトメタル
メガカイロス651551206590105600スカイスキン

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

高い素早さが持ち味。耐久は特に低い訳でもないが、弱点がメジャーかつ多いので実質紙

進化前なのでしんかのきせきが適用されるが、タイプ相性故に耐久に頼れるようなポケモンではないので優先して持たせる必要はない
極端な火力以外は概ね一発耐えるようにはなる

ストライクの輝石って過小評価じゃないか?

4倍あっても耐久型なんていくらでもいるし、弱点は多くても羽休めで粘ることも可能
ユキノオーとかもそうだけど弱点が多くても耐性が優秀なら十分戦える
少なくとも襷レベルってのは酷過ぎる
↑耐性が優秀ってのはない。格闘地面は相性補完に岩技は絶対持ってる上に奇跡ぐらいじゃ4倍弱点は受からないし、なによりメジャータイプの炎電気氷2倍なのが辛い
↑↑ユキノオーとかは弱点が多くてもその弱点がいい意味で偏ってて得意、不得意がはっきりしてるからいいけど
虫飛行はポケモン界最悪の耐性だぞ?アタッカーでこいつの弱点つけないやつなんていないって断言できるくらいひどい。
物理にも特殊にも特定のタイプにも弱点つかれる。輝石がいい悪いはともかく耐性いいはない。
火力が高いってわけじゃないから弱点付いても落とせない敵も多いし、安定度の高い襷を優先させたいのは確かだと思う
天候ダメとか考慮すると奇跡のほうが優秀なのは確かだけどね
↑炎はともかく電気氷は羽休めでなんとかなる
岩や地面タイプは大抵砂パで襷潰れるし安定度は輝石の方がよっぽど高い
ガブとかガッサとか割と地面格闘でも岩なしで戦ってくる敵もいるし
アタッカー型の方でも襷潰れるの気にせず格闘タイプ技読みで出しやすくなるし
両刀とかの微妙な値からの雪崩エッジは意外と耐えちゃうこともあるし
↑ASぶっぱだとやっぱ襷だなぁ。
使ってみた感じだと、相手が拘りだろうがジュエルだろうが一発耐えてくれる安心感はやっぱりでかいよ
ASだと襷、剣舞メインや耐久に振るなら輝石がいい感じに
あと羽休めが話題に出たけど、羽休めで粘れるのは大体耐久相手ぐらいだったし、その耐久相手に攻撃が通るほど火力や弱点が付きやすいわけでもないから正直微妙だった。
速さを生かして光の壁からの超耐久からの剣舞で粘ったり、剣舞バトンの使いまわしぐらいしか正直使いどころがなかった印象
使い方が悪いだけかもしれないけど
↑↑自分も襷派。格闘タイプ技読みで出したところで大抵の格闘はテク燕じゃ一発で持っていけないからどっち道エッジでごり押しされて死ぬ
後、岩や地面タイプは大抵砂パってのは偏見。カバドリュバンギは仕方ないとしてももっと他に居るだろ
↑全 舞う前提の積みアタッカーにするなら、きせきの方が圧倒的にやりやすい。先制技と天候変化が流行ってる現環境ならなおさら
ただし上にも書いてある通り、ASぶっぱだとほぼタスキの劣化にしかならない。きせき持たせるなら調整する事
H振りきせきストライクを例にあげよう。C特化シャワーズのれいとうビーム程度なら、舞った後にはねやすめする事で倒すことができる
タスキにはできない芸当だが3回攻撃を喰らうことになるので、凍ったら知らん(笑
粛々と弱点のポケモンだけ倒せばいいなら、タスキの方がいいのかもね   

・しんかのきせきによる耐久指数
無振りストライク 補正あり130族の抜群威力120(200*240)がギリで確定2発
HP振りストライク 臆病ラティオスの眼鏡流星群が確定2発
耐久特化ストライク 130族の抜群威力120(182*240)が確定3発に近い低乱数2発

非常に細かいところだが、ステロで半分持っていかれるポケモンなのでHP奇数調整はほぼ必須。
やってしまいがちだがHがVなどの場合に6振りしてしまうと、ステロを撒かれた時に2回で出落ちするので注意。

BW2で教え技復活によりむしくい、はねやすめともに覚えることができるようになった。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力
[テクニ]
命中追加効果備考
つばめがえし60(90)
[135]
必中-テクニシャンでの主力技。
むしくい60(90)
[135]
100きのみを食べる主力技その2。
とんぼがえり70(105)100交代交代読みや退却に便利。
はたきおとす65→97100相手道具使用不可虫+飛行半減の鋼タイプに一応通る技。特にギルガルド
過去作教え技。
どろぼう60[90]100道具強奪テクニシャンで2回目以降も安定した威力。
おいうち40[60]→80100-読みが外れてもある程度の威力が保証される。
ダブルアタック35x2[52x2]902回攻撃テク二シャンでおんがえし以上の威力に。
ギガインパクトを除けばカプ・コケコ?への等倍最大威力。
でんこうせっか40[60]100優先度+1テクニシャンにより高威力の先制技に。
フェイント30[45]100優先度+2威力は下がるが他の先制技に先制できる。
かわらわり75100壁破壊鋼と岩に通る。虫飛格で範囲が広いが不一致等倍程度では火力不足。
カウンター-100優先度-5きあいのタスキまたはしんかのきせきの耐久を活かして反撃。
変化技タイプ命中備考
ひかりのかべ-サポート用。
つるぎのまい-火力の強化、バトンタッチにも。
こうそくいどう-バトンタッチ用。
きあいだめ-ピントレンズ持ちや特性きょううんにバトンタッチすれば100%急所攻撃ができる。
バトンタッチ-積み技やみがわりを引き継ぐ。
はねやすめ-しんかのきせき型なら相手によっては受け切れるか。
どくどく-耐久相手に。はねやすめと合わせて粘るのもよいが呼ぶ鋼には悪手。

型考察 節を編集

テクニシャン型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:しんかのきせきorきあいのタスキ/こだわりスカーフ/いのちのたま/こだわりハチマキ
確定技:つばめがえし/むしくい/でんこうせっかorフェイント
選択攻撃技:とんぼがえり/かわらわり/おいうち/ダブルアタック/カウンター/きしかいせい/しぜんのめぐみ
選択補助技:つるぎのまい/はねやすめ/みがわり/バトンタッチ

素早さは激戦区を一歩抜けるため当然最速
飛行と虫は鋼で止まり対策が欲しいが瓦割りでは威力不足、優先度高い技が他にたくさんある中で無理に相手をする必要もない。

技の威力が135が限界であるので、タスキカウンターや起死回生(威力200)も貴重

ダブルアタックは身替わり突破に。(襷や頑丈にはほぼ無力)
先制技は、石火(実質威力60)と仕様変更されたフェイント(実質威力45)の2択。
タスキ潰しとしてなら、優先度の高いフェイントだが、約1.3倍の威力の電光石火も十分アリ。

耐久が上がったことで、積み技も使いやすくなった。
剣舞から自力で戦ってもいいし、バトンしてもいい。

こいつの場合は進化の輝石で耐久あげられるが弱点多いから高めのAとS生かしてハチマキとかスカーフもあり
(というか前作では結構多かった)なので持ち物に追加。また普通のアタッカー型に名前変更。
輝石以外ありえないなら消してください。
↑レート戦で使ってての体感だけどスカーフはハッサムでやったほうが強い。ハチマキは攻撃範囲狭い上に微妙な速さなお陰でガチ戦の場合は活躍できる場面が少ない。
拘りストライクがあり得なくはないけど、どっちみちまた別の型じゃないかね。とりあえず安定の基本型は輝石型だと思われ。
↑珠だと違う意味で安定した。結局輝石はタスキと似たようなものだから、枠が空いていれば珠もアリだろう。という事で追加
↑↑ハッサムをスカーフで使ったことが無いから分からないけど、少なくともスカーフカイリキーや舞った後のウルガモスにはスカーフ型は便利だった。
どっちも引かないから安定して狩れるのが良い。
↑↑↑ハチマキかなり使いやすかったけど。
火力のあるトンボで苦手な相手から逃げつつ負担かけられるし、何よりブシンやズキンなんかの燕じゃ一発で持っていけない連中がほぼ確定で持っていけるのが大きかった。
後、ハッサムほどじゃないけど最後の方に石化で全抜きが狙える

自然の恵みもありだと思う。
↑オッカでハッサムを狩れたという例が旧wikiにあった
ハッサムグロスは減少傾向だが、やはり炎の需要は大きいと思う
↑↑ヤチェ持たせれば、ドラゴンキラーにもなり得るポテンシャルを秘めてる
まあ役割破壊の大文字をスカーフで食らったり、耐久調整ヤチェ持ちだったりすると勝てないから他にドラゴンキラーが居れば別にいいかってレベルだね
やっぱりオッカの方が通る相手が多そう、今作は炎技重用だし

進化の輝石を持たせること前提になるが
羽休めはなぜ選択肢に入ってない?氷電岩のダメを半分に抑え、
飛行が消えたところで地面、格闘も怖くない。
相手がぶっとんだ攻撃系種族値でもない限り積むチャンスが大いに増える。BW産では使えないが。
↑こいつにきせき持たせるのは居座らせるためじゃなく、等倍相手にも繰り出しやすくするためのものだから羽休めは合わないと思うが。
回復して水電岩のダメを半分に抑えたところで、受けられるわけでもないから積むチャンスが増える気もしないし
↑グライオンの物理耐久並の両耐久があるこいつなんだから十分受けられる。
岩はさすがにきついけど生半可なアタッカーなら氷電気は止まる。隙みて積むのも十分いけるでしょ。

輝石は上の方のでも疑似タスキとか言われてるレベルで、他にタスキを回せるという利点が大きい程度。
どの道高火力からの岩技は輝石持った所で確1なんだし、推奨ではあっても飽く迄も選択肢に留まる。
↑これ理由がわからないな。
岩技で一撃って、むしろそれ以外ではどう考えても襷より輝石のほうが上では。
特化ランクルスのサイコショックなんかも確3に到達して、かなり安定感のある速攻アタッカーになれる。
これが襷だとただ毒を貰っただけで持ち物枠が無駄になったりするわけで。
↑そのエッジのサブウェポンとしての所持率が高いから襷も有用であって。
襷ならエッジカウンターも可能になると上に書かれている。
↑全 きせきとタスキで運用が違いすぎる。分割するべきじゃないか?

きせきバトン型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき/わんぱく/しんちょう
努力値:HP252 防御・特防調整
持ち物:しんかのきせき
確定技:バトンタッチ/つるぎのまいorこうそくいどう
選択攻撃技:つばめがえし/むしくい/おいうち/かわらわり/ダブルアタック/でんこうせっか/フェイント
選択補助技:みがわり/ひかりのかべ/おいかぜ

バトンをメインに据えた型
メインに据えるとはあるが、バトン前提でないのがミソ
素の攻撃も素早さもそこそこ高いこいつの場合、一回積んだ後に攻撃かバトンを選択出来るのはかなりの強み
相手を確実に倒せるならば殴ってよし、相手が苦手なタイプに交換すればバトンも良し
死にそうになればそこでバトンをしても良し。

つばめがえし/むしくい/つるぎのまい/バトンタッチ
防御極振りで試験運用したがかなりいい感じだった
1体目を剣舞つばめで葬り、死に出しルカリオのエッジをギリギリで耐えてバトンで逃げるなんて芸当が出来た
ルカリオがどういう調整だったかはわからないが、岩さえ警戒すれば結構の相手を持っていくのではないだろうか
防御・特防の調整は良く考えて、逃げる相手と戦える相手をよく吟味するといいかもしれない。
↑まぁ、岩を耐えたいならエッジ岩雪崩耐えるために防御特化。
 繰り出し性能上げたいなら、炎氷電意識して特防重視ってとこか。
↑↑こいつにエンペルトだして冷凍Bしても耐えられて、剣舞+高速移動+バトンされた。
こいつの輝石は読めなかった、普通にエンペで流れると思っていたが予想以上に固いな。

性格ようきにして、素早さ100族抜き調整って候補に入らないかな?
100族には、リザードン・キュウコン・ウルガモス・マンダ・サンダーとかがいて
居座って特殊技打ってきそうな奴が結構いるから、先制で壁貼れば舞う暇も出来て
結構良い感じな気がするんだけどどうでしょ?
↑H252振っても特攻特化ウルガモス、ひでり臆病極振りキュウコンの文字は壁張ったとこで確2。
でも他と対峙したときには壁→積み→バトンができるからありだと思う。
サザンドラに対しても特化眼鏡じゃない限り負けなくなるし素早さ調整は推奨だな。
ただ壁入れると攻撃技が一つになってしまう点に注意
↑↑素早さ100属は最速が多そうだし耐久微妙にならないかな?
あんまり素早さに振り過ぎると受けられる範囲狭くなって襷でいいじゃんってなりそう
↑↑↑そもそも100族抜き調整するなら最速でよくない?
努力値32(8)程度で確定数変わるやついるなら別だが……何でもかんでも調整すれば良いってものでもないぜ。
↑同属にはコジョンドとかゾロアークとか抜かれるとヤバイ奴多いし、自分も100族抜き調整するくらいなら最速でも良いと思う

むしのしらせ型 節を編集

特性:むしのしらせ
性格:ようき
努力値:素早さ252 HP調整 残り攻撃
持ち物:きあいのタスキ/しんかのきせき/こだわりハチマキ
確定技:シザークロスorとんぼがえり
選択攻撃技:つばめがえし/つじぎり/おいうち/かわらわり/きしかいせい/フェイント/カウンター
選択補助技:みがわり/ひかりのかべ

テクニシャンで十分というかもしれないがせっかくなので作成。
テクニシャンでは火力のあがらないとんぼ返りなどを使っていく型。襷カウンターなどとも相性がいい。
威力が上がるのが虫タイプだけだが、高火力のとんぼがえりを逃げうちできるという点では勝っている。
シザクロをメインにしたい場合はこちらのほうがいいかもしれない。
テクニシャンと違いHPを減らすのが前提なためにステロが怖いが、相手の意表をつける起死回生を有効に使いやすい。

ちなみにテクつばめならウルガモスや猿を確定1発に出来るが、虫の知らせだと確定2発。
そのほかにも確2が確3になるケースも多いため、相手を考えないとテクニシャンの劣化になりやすいので注意

とんぼ、カウンター、起死回生、フェイント(石火)@襷の構成で第4世代からこの型を愛用してるが、
襷カウンターの後にとんぼ撃ち逃げを繰り返すだけで結構働いてくれる。
のこのこと鋼や岩が受けに出て来るので起死回生も使いやすい。
ただし受け出しが出来ない上、格闘ポケにあまり役割を持てないため、自分のPTに負担をかけやすいのが難点。
フェイントを他の技にした方がいいのだろうけど、テクニ補正なしの燕返しやゴーストピンポイントの辻斬りぐらいしかないのが辛い。

対ストライク 節を編集

  • 注意すべき点
    特性や持ち物によって様々な戦法が取れる。
    しんかのきせきを持っている場合、岩以外の弱点ではなかなか倒れない。
    「テクニシャン」に限らず、タスキカウンターやきしかいせい、むしのしらせを用いた体力を減らす戦いも可能。
  • 対策方法
    岩技を使えなくても弱点は多いので対抗手段のないポケモンは少ない。
    ただきせき持ちだとはねやすめ連打で粘られる可能性がある。
    電気飛行タイプや炎が4倍でない鋼タイプなら後出ししやすい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th
5th
6th
SM
威力命中タイプ分類PP備考
-1*1しんくうは40100かくとう特殊30*Pt以降
111でんこうせっか40100ノーマル物理30
111にらみつける-100ノーマル変化30
655きあいだめ--ノーマル変化30
1199おいうち40100あく物理20
161313みねうち40100ノーマル物理40
211717こうそくいどう--エスパー変化30
262121つばさでうつ60100ひこう物理35
462525れんぞくぎり4095むし物理20
312929きりさく70100ノーマル物理20
-3333かまいたち80100ノーマル特殊10
413737かげぶんしん--ノーマル変化15
-4141シザークロス80100むし物理15
-4545つじぎり70100あく物理15
-4949ダブルアタック3590ノーマル物理10
-5350エアスラッシュ7595ひこう特殊15
365757つるぎのまい--ノーマル変化20
-61*61フェイント30100ノーマル物理10*Pt以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技54みねうち40100ノーマル物理40
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技81シザークロス80100むし物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技58こらえる--ノーマル変化10タマゴ
技62ぎんいろのかぜ60100むし特殊5タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15タマゴ
VC第1世代
技09とっしん9085ノーマル物理20
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技20いかり20100ノーマル物理20
技31ものまね-100ノーマル変化103rd:教え技
技34がまん--ノーマル物理10
技39スピードスター60-ノーマル特殊204th:教え技
技40ロケットずつき130100ノーマル物理10
秘01いあいぎり5095ノーマル物理306th:秘01

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
バトンタッチ--ノーマル変化40
かまいたち80100ノーマル特殊10Lv
きしかいせい-100かくとう物理15
こらえる--ノーマル変化10
ぎんいろのかぜ60100むし特殊5
むしのさざめき90100むし特殊10
つじぎり70100あく物理15Lv
きりばらい--ひこう変化154th:秘05
はがねのつばさ7090はがね物理25技51
ファストガード--かくとう変化15
ひかりのかべ--エスパー変化30技16
しんぴのまもり--ノーマル変化25技20

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
はたきおとす65100あく物理20
HSおいかぜ--ひこう変化30
HSむしくい60100むし物理20
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化10タマゴ
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20Lv
Emねごと--ノーマル変化10技88
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20Lv/技75
FL/Emカウンター-100かくとう物理20タマゴ
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
HSずつき70100ノーマル物理15
はねやすめ--ひこう変化10技19

その他 節を編集

第5世代

威力命中タイプ分類PP詳細
バトンタッチ--ノーマル変化40PDW

第3世代

威力命中タイプ分類PP詳細
あさのひざし--ノーマル変化5XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数6400歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で3328歩)
性別♂:♀=1:1
進化後ハッサム

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
カウンターレベルヘラクロス
バトンタッチレベルレディアンアメタマテッカニンペンドラー
きしかいせいレベルヘラクロスシュバルゴ
こらえるレベルヘラクロスクルミルカブルモ
ぎんいろのかぜレベルバタフリーモルフォンレディアンアゲハントドクケイルアメモースガーメイル
ウルガモス
むしのさざめきレベルバタフリーレディアンアゲハントドクケイルアメモースガーメイルビブラーバ
メガヤンマコロトックミツハニークルミルシュバルゴアギルダーデンチュラ
ウルガモスビビヨン
きりばらい旧マシン4th:バタフリー(秘05)・4th:メガヤンマ(秘05)など
旧自力4th:秘05
ファストガードレベルシュバルゴ(Lv8)