スイクン - ポケモン対戦考察まとめWiki|記録(過去の型)

スイクン 節を編集

No.245 タイプ:みず
特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
体重:187.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
耐久水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
スイクン100751159011585580プレッシャー
シャワーズ13065601109565525ちょすい
ミロカロス95607910012581540ふしぎなうろこ/かちき/メロメロボディ
ママンボウ1657580404565470いやしのこころ/うるおいボディ/さいせいりょく
ナマコブシ?5560130301305410とびだすなかみ?/てんねん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第4世代終盤の環境では主にメタグロスを受けるために活躍した。
第5世代においても耐久型、または撃ち合いもできる受け・流しとしての安定感は依然として健在。
ただし、ウォッシュロトムナットレイなどの強力な水受けが登場した。

BWにて新たに習得した熱湯は型と非常に相性がよい。波乗りに威力は劣るが、火傷の付加効果により耐久力を相対的に向上させられる。
リフレクターと違って技スペースも圧迫しない。ただし、火傷付加は低確率であり、根性に利用される危険性もある。

配布は既に終了しているが、絶対零度や神速を持つスイクンも強い。
耐久型水タイプに対して優位に立てるだけでなく、水受けの強硬突破も可能になる。積み起点化も防ぎやすい。
耐久型相手には通常個体でも毒々を打てれば圧力はかけられるが、通常のスイクンにはできない芸当が多い。
ただし、のんき固定で割と高いSが殺されるため、通常のスイクンより強いかというと必ずしもそうではない。

耐久型ながら再生回復技を持たないので、何らかの回復手段は用意しておきたい。
基本は守る食べ残しか、ねむカゴに頼ることになる。


最新の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果備考
ねっとう80(120)100火傷30%
こおり解除
追加効果に優れる主力技。ねっとうワンウェポンも十分有力。
;火傷・氷解除ともにスイクンの立ち回りとの相性がよい。
;第7世代での火傷のダメージ低下が非常に痛い。
なみのり90(135)100--どくどく主軸の場合
ハイドロポンプ110(165)80--火力重視アタッカー用。耐久型との相性は微妙
れいとうビーム90100凍り10%水タイプと相性補完に優れる優秀なサブウェポン
こごえるかぜ5595素早↓100%ダブルバトルはもちろんシングルでも
1回でガブリアスを抜ける反面耐久に振る努力値を削ることになる
過去作教え技限定
バークアウト5595特攻↓100%主にダブルバトルで採用。みがわり貫通
めざめるパワー--60100--草・電・炎・飛から選択
ミラーコート--100優先度-5
特殊技反射
特殊全般へのごまかし。特に穴埋めの場合採用されやすい
H252振りだけで無補正カプ・コケコ?の10まんボルト程度までは耐えられる。
;しぜんのいかりも反射可能。
エアスラッシュ7595怯み30%配布限定。ヘラクロスキノガッサピンポイント
ぜったいれいど--20一撃必殺決定力不足のスイクンとは相性がよい。氷タイプへは無効。詳細後述
しんそく80100優先度+2配布限定。確定数確保のため採用
変化技タイプ効果備考
ほえる強制交代起点化回避や積み合いを制するため採用される
;苦手なみがわりもむりやり流す。
;相手の選出を確認したり、設置技と絡めたり、ねっとうによる火傷撒きにも使え汎用性は高い
めいそう特攻↑特防↑特殊耐久・決定力向上
ねむるHP全回回復技。ヒードランへの後出し。カゴのみとセットで
;エレキフィールドとミストフィールドでは不発
どくどく猛毒90%耐久崩し。主にみがまもとあわせて使う。ねっとうとは相性が悪い
みがわり--プレッシャーを活かせる。状態異常対策にも。たべのこし等とセットで
まもる--プレッシャーを活かせる。たべのこし等とセットで
おいかぜ素早2倍主にダブルバトルで採用。素早さを倍化
リフレクター物理半減構築単位で物理に厚くし撃ち合い性能を引き上げることを目的に採用

ぜったいれいどに関して 節を編集

第4世代配布限定のぜったいれいどを第7世代から自力習得可能になった。
高耐久であるスイクンとは非常に相性がよく、試行回数を稼ぎやすい技だが、
氷タイプには無効&氷タイプでないポケモンが使用した場合命中が20%に下方修正されている。
PPが最大の8で連続で試行した場合にN回目までに当たる確率は以下の通り

1回:20%(1発で命中)
2回:36%(1発目または2発目で命中。)
3回:49%(1発目または2発目または3発目で命中。)
4回:59%
5回:67%
6回:74%
7回:80%
8回:84%

以上のように8回使えば84%の確率で一回は当たるため、弱体化したといってもお互いに有効打のない耐久型との殴り合いには使える。
同じく耐久型つぶしのどくどくと比べると、安定性では劣るがねむる持ちの耐久型や鋼・毒の耐久型に強い。


型考察 節を編集

配布HBスイクン 節を編集

性格:のんき(固定)
努力値:HP252 防御252
持ち物:たべのこし/カゴのみ/オボンのみ
確定技:ぜったいれいど
優先技:しんそく
選択攻撃技:ねっとうorなみのりorハイドロポンプ/れいとうビームorこごえるかぜ/バークアウト/ミラーコート
選択変化技:ねむる/みがわり/ほえる/めいそう

2010年映画および海外配布限定のスイクン。色違いでプレシャスボールに入っている。
一般的なスイクンの決定力の低さを絶対零度で補える。流し際に撃つだけでも圧力になる。
ただし性格がのんきゆえに、スイクンの長所の一つである素早さが殺されてしまっている。

選択技はわりと自由だが、零度・神速以外の固有技は技スペースが厳しく採用しづらい。

通常スイクンに多いどくどくやめいそうは絶対零度で補えるので入ることは無い。スペース的にめざパもまず無い。
ほえるは積んでくる相手はもちろん、ノイクンや身代わりで絶対零度を対策してくる相手(ラッキーなど)に有効だがスペースが辛い。

エアスラッシュだが、のんきのため基本ひるみは期待できない。鈍足格闘を狩るときには有効かもしれないが、それ以外なら冷Bや水技でもいい。
れいとうビームで抜群が取れず、エアスラッシュで抜群になる相手は、ユキノオー・ヘラクロス・ルンパッパなどがいる

ギャラ対策、パルへの決定打としてめざ電を持たせたいと思ったけど、零度があるから不要かな?零度との両立はありだろうか?
使用したことがある人、意見求む。
↑貯水ヌオー意識でめざ草を持たせたことがあったが、物理受けに特化するならアリじゃないか?
ただし両にらみを利かせて瞑想を入れるなら不要。技マシン無限化も相まって零度・眠る・熱湯+めざ草/瞑想をスイッチしつつ使ってるがそれぞれ有効な相手が違うのでどっちもどっち。
後、熱湯の火傷を恐れてかギャラが鉢合わせ以外で出てきたことが無い。瞑想2積み以上出来てればパルギャラ相手でも立ち回れるので今は瞑想で回してる。

この型にどくどくは入らないのか?
まもみが型と混ぜて、熱湯/零度/毒毒/守る@食べ残しで使ってるが、基本は毒毒と守るでダメージを稼ぎ、水や毒が通らない相手は零度にスイッチしてるが十分使えた。
↑スイクン自身のスペックが高いから決して弱いことはないだろうけど、元々耐久ポケには零度連打で事足りるし、身代わりに弱いのは零度も毒毒も同じ。
それなら、対ドラゴンを安定させるための冷凍ビームや、身代わり・積み技対策の吠えるでも入れた方が良い気がするな。

HB振りが有名すぎて速攻特殊ATに交代されるからバークアウト入れてみたら確定数ずれて零度試行回数UPで良い感じ。

俺は零度外してミラーコート入れてる。
ロトムエンペルトラプラスとかカモだし零度は打つ仮想敵が案外少ないことと身代わり貼られたら終了って点が辛すぎる
物理は普通に受けで特殊は跳ね返しという点で汎用性がある。ラティノオーにも対面で勝てるしミラーあるだけでかなり有利になる
↑ミラコが有効なのには同意だけどどちらかというとバークアウトと選択。そして何より配布スイクンでやる必要性が少ない。

技構成例
  • ぜったいれいど/ねっとう/れいとうビーム/しんそく@オボンのみ
    攻撃技+神速で零度を使わずにガブリアスなどを落とせるようにする定番構成。
    水技をなみのりにすればA95C112(C12振り)以上でB4振りマンムーをなみのりで最低乱数を引かなければ次の神速で落とせる。
努力値調整
4世代スイクンのようにHBが基本になる。素早さは最大で123までしか上がらない。
ミラーコートを使うなら特防調整もあるが、振りすぎると本来の役割が疎かになる。
Sは下降補正が掛かっているので、性格補正の関係で努力値が反映されない値がある。調整する場合は注意。
  • 207-95-165-128-135-94(252-0-116-140-0-0)@オボンの実
    201鉢巻ガブリアスの逆鱗で高乱数オボン発動
    臆病珠ラティオスの流星群2連発耐え
    冷凍ビーム+神速で201ガブリアス確定
  • 207-95-170-122-136-95(252-0-156-92-4-4)@オボンの実
    陽気鉢巻ガブの逆鱗超高乱数2耐え
    冷凍ビーム+神速で191ガブリアス確定
  • 207-95-167-116-136-103(252-0-132-44-4-76)
    天候ダメージ1回+A200ガブリアスの逆鱗確定2耐え
    準速ラッキー抜き
    冷凍ビームで151-115キングドラのみがわりを確定で破壊
    冷凍ビーム+しんそくで183-106ガブリアスを最低乱数を引かなければ倒せる。

通常スイクン 節を編集

性格:ずぶとい
努力値:HP252 BS調整
持ち物:たべのこし/カゴのみ/オボンのみ
確定技:ねっとうorなみのり
選択攻撃技:れいとうビームorこごえるかぜ/めざめるパワー(炎/草/電)
選択変化技:どくどく/ねむる/めいそう/リフレクター/ミラーコート

4世代から続く従来の物理受けスイクン。高い耐久力から広い範囲を流せる。
不一致10万やワイルドボルト程度であれば耐えられるので、電気技を持つ水弱点はそれほど恐くない。
ただし、ヒートロトムとは互いに確2圏内なので後出しできない。

もともと鉢巻ガブリアスもそれほど安定していなかったが、5世代以降はキノガッサの強化から起点にされやすくなっただけでなく、
マルチスケイルカイリューと意地っ張りガブリアスの出現により数値では後出しから逆鱗を受けることはできなくなった(鉢巻カイリュー相手には対面からすらもやられる)ため、神速も零度のないHBスイクンは役割を果たしきれず、ほぼ機能しなくなっている。
無理してこれらを見ないのであればそれなりには活躍はできるが、それらの相手はHS振りで同じことをやったほうが完封できる相手も増え、HBの状態でわざわざ採用する意味がなくなってしまう。

努力値調整
  • 207-x-156-116-136-125(ずぶとい 252-0-52-44-4-156)
    HB…A200ガブリアスの逆鱗2耐え
    C…波乗りで砂時のH252D36バンギラス超高乱数3、瞑想1積み冷ビでH252ギャラドスの身代わり破壊
    S…最速バンギラス抜き
  • 207-x-172-113-136-113(ずぶとい 252-0-172-20-4-60)
    HB…A182ガブリアスの鉢巻逆鱗をオボン込みで確定2耐え、A218オノノクスの逆鱗2耐え
    C…波乗りでインファイト後のH4振りテラキオンを確1、こご風でH4振りガブリアス確2
    S…こご風1回で最速ガブリアス抜き
  • 207-x-151-110-135-135(ずぶとい 252-0-20-0-0-236)
    HB…A200ガブリアスの逆鱗高乱数2耐え(6.3%)
    C…(無振り)冷凍ビームで155-93キノガッサ確定2(86~102),198-110カイリューを確定2(68~80+136~160)
    S…最速70族抜き(キノガッサ等)

ねむカゴめいそう型 節を編集

性格:おくびょう/ずぶとい
努力値:HP252 素早さ252 をベースに調整
持ち物:カゴのみ
確定技:ねっとうorなみのり/れいとうビーム/めいそう/ねむる

高い耐久力から広い範囲を流せ、その際に瞑想を積む。
素早さ振りかつこの耐久なので完封できる相手も多い。

物理竜の鉢巻逆鱗はHBでも受け切れず、カイリューに至っては舞+逆鱗がオボンを持っても乱数2発で沈んでしまい、鉢巻ならば下手をすれば対面から突破されてしまう。
また、素早さが遅いので(零度型を含めて)キノガッサに起点にされるリスクがある。
HSでもスカーフ持ち後出しから眠るカゴでも問題なく受けられ、キノガッサや鉢巻カイリューにも先制して(図太いは陽気カイリュー以外)れいとうビームを2発当てられる事からむしろHSのほうがこれらの相手には勝ちやすい。

努力値調整
図太いH振りで、陽気ガブリアスの剣舞逆鱗と臆病眼鏡ラティオスの流星群を耐える。
配布型との違いである高い素早さを生かすためなるべく多くSに振りたい。
主なラインは最速キノガッサ抜きの135、臆病にして80族抜きの146。

調整例

  • 207-x-151-110-135-135(ずぶとい 252-0-20-0-0-236)
    HB…A200ガブリアスの逆鱗高乱数2耐え(6.3%)
    C…(無振り)冷凍ビームで155-93キノガッサ確定2(86~102),198-110カイリューを確定2(68~80+136~160)
    S…最速70族抜き(キノガッサ等)
  • 201-x-146-110-135-146(おくびょう 204-0-84-0-0-220)
    H…地球投げ4耐え
    HB…A182ガブリアスの逆鱗確定2耐え(84~100)
    A186カイリューのランク+1の命の珠逆鱗を確定耐え(168~199)
    S…最速80族抜き(カイリュー,マンムー等)

まもみがどくどく型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:たべのこし
確定技:みがわり/どくどく/まもる
選択技:ねっとうorこごえるかぜ

「ノイクン」と呼ばれる型。毒毒を入れ、あとはプレッシャーと身代わりと守るでHPとPPを削る。
H228振り以上でHP実数値が204=身代わりのHPが51となり、
プレッシャーと合わせてラッキーの地球投げのPPを枯らすことができ、ラッキー軸の受けループに強い。

4枠目の選択肢は熱湯にするのが一般的。次点で凍える風である。

  • ねっとう
    火傷でエアームドを機能停止にできるので、受けループに役割を持つなら必須。(他の技ではエアームドに受けられてしまう)
    物理ATに対し火傷で機能停止にできる
  • こごえるかぜ
    素早さを逆転させPP枯らしができる。
    4倍竜(特にガブリアス)を2発で落とせる(要特攻調整)

まもみがめいそう型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:たべのこし
確定技:みがわり/めいそう/まもる/水技
水技:ねっとう/なみのり

上記の型を毒をめいそうにした型。
「ノンテイ」(まもみがめいそう型のエンテイ)の「まもる・みがわり・めいそう・ふんえん」の噴煙を熱湯に変えたものだが、
エンテイと耐性が違い(地面岩等倍・水半減)、耐久種族値は大きく上回るため劣化にはならない。
タイプ上砂で食べ残しをかき消してくるカバルドン+ドリュウズやバンギラスに対しても有利。

三獣のまもみがめいそう型に共通して言えることだが、この型は非常に相手を選ぶ。
環境的に多い鋼に後出しできるものの、それぞれ詰む相手がいるためそれを見極めて選出したい。
スイクンの場合、物理技に弱点とする技が少ないため居座りやすいという利点がある。
また詰む相手であるちょすい・よびみず持ちがライコウ、エンテイの詰む地面やもらいびと比べて比較的少ないのもメリット。
一方で見せ合い時点ではわからない零度スイクンのプレッシャーから相手にスイクン対策ポケを取っておかれやすい。

特殊アタッカー型 節を編集

通常C振りスイクン 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:HP252or素早さ252 特攻252 をベースに調整
持ち物:みずのジュエル/こだわりメガネ/たつじんのおびなど
確定技:ハイドロポンプ/れいとうビームorこごえるかぜ
選択技:めざめるパワー(草/電/炎)/ミラーコート/めいそう/おいかぜ/どくどく

撃ち合いに特化した攻めるスイクン。Cに振っているためローブシンやウルガモスにも打ち負けない。
特攻に補正がかけられるので火力は上がり、D方面が薄いハッサムやローブシンらへのダメージが配布型とは変わってくる。
Sに下降補正がかからず、しんそくと零度のスペースが空くのでめざパやこごえるかぜも候補になる。

決定力が低い、耐久型の通常スイクンを起点にして来る相手の裏をかくのが目的。
耐久型の配布スイクンへの対策がそのまま通用することもあるため、見せ合いでは配布型が疑われるのが難点。
単体のアタッカー型としてだけ見れば、ライバルはシャワーズ・ミロカロスなど。

臆病CS極振りで使用してみた感想
瞑想されても火力があまりないイメージが強いのか、中耐久のポケモンが出てきてめいそう⇒ドロポンで押し切れる場面が多かった。
めざパは電気が一番使いやすい印象で、水タイプに対してかなり強く役割が持てた。
草はランターンロトムや4倍、炎はユキノオーやナットレイに強くでれる。
無振りでも耐久はガブの鉢巻逆鱗を普通に耐えるくらいある。
水タイプでめいそうを覚えるポケモンはスイクンの他にはゴルダック・ヤドン系・ママンボウのみであり、
その中では特攻・耐久・素早さのバランスが最も積みアタッカーに適していて使いやすい。
自分としては、せいかくは臆病推奨。
やっぱり85族最速の速さとこの耐久、強力な積み技は打ち合いに強くて扱いやすかったというのが総評。

努力値調整

構成例

  • ハイドロポンプ/こごえるかぜ/めざめるパワー炎/選択技
  • 191-x-136-155-137-120(ひかえめ 124-0-4-248-12-120 めざ炎個体に付きCS個体値は30)@水のジュエル
    こごえるかぜ込みでボルトロス、トルネロス(111族)抜き
    準速ハッサム(117)+3
    Cぶっぱ
  • ダメージ計算
    水ジュエルドロポンで
    177-100ハッサム→ダメージ157~186(31.3%の乱1)
    207-86ローブシン→ダメージ183~216(31.3%の乱1)
    めざめるパワー炎で
    177-100ハッサム→ダメージ164~196
  • 被ダメージ
    A204カイリューの1.5倍逆鱗耐え(153~180)
    A182ガブリアスの地震2耐え(76~90)
    A211ちからずくローブシンの命の珠雷パンチ耐え(148~177)
    C182ラティオスの1.5倍流星群耐え(157~186)
    C158ユキノオーのくさむすび(威力100)耐え(132~156)

配布C振りスイクン 節を編集

性格:のんき(固定)
努力値:HP252 特攻252 をベースに調整
持ち物:みずのジュエルなど
確定技:ハイドロポンプ/ぜったいれいど/しんそく
選択技:れいとうビーム/エアスラッシュ/ミラーコート/みがわり/ほえる

配布型と通常型で技や配分が変わるので分離。
配布限定の技を入れないのならば通常スイクンで良いので神速と絶対零度は確定。

しんそくの存在により、きあいのタスキやがんじょうで耐えられても処理がしやすく、火力で押せない耐久型にはぜったいれいどが撃てる。
反面通常の型と比べて遅く、相手の身代わりやキノガッサに対しては更に弱くなる。
スイクン同士のミラーマッチでも絶対零度を当てない限り勝ちの目は薄い。

れいとうビームで弱点を取れず、エアスラッシュで弱点を取れる相手は、ユキノオー・ヘラクロス(4倍)・ルンパッパなど。
一番撃ちたいキノガッサに先制して打てないので、ドラゴンタイプをフリーにするデメリットを受け入れてまで採用するメリットはあまりないか。

  • ハイドロポンプ/ぜったいれいど/れいとうビーム/しんそく@水ジュエル
    無理に零度を打たないでもガモスの起点にならずむしろ倒せる。
    ジュエルドロポン+しんそくでタイプ的に有利な相手にとことん有利。
    Sは多少振りたいが努力値がきつきつ。

ほえる追加。みがわり持ちと対面した場合面白いように決まる。ステロやどくびしがあるとなお良し。

対スイクン 節を編集

  • 注意すべき点
    HP100、防御特防115と高耐久。瞑想ねむカゴ、毒まも、ミラーコート。配布限定の絶対零度。
    色違いではない(零度を持っていない)スイクンが出てきた場合は、最速近くまで素早さに振ったまもみが型も警戒する必要がある。
    零度がないからと安易に鈍足の水受けを出すと、交換際にみがわりorどくどくをされ、そこから毒まもみがで削り落されてしまう。
    最速のギャラドスよりも速いため、こちらの挑発やみがわりの前にどくどくを貰うことも覚悟すること
  • 対策方法
    攻撃技のタイプは水と氷が多いため、水タイプによる受けが安定する。
    耐久面に努力値を割いていることが多く火力は低いため、積み技の起点にできる。使用する際は毒やこごえるかぜ、ほえるに注意。

しかし、絶対零度持ちにはこの方法では厳しいものがある。というか零度が全て外れてくれるのを祈るしかない。
交換際に当たってしまうのはどうしようもないが、身代わりがあれば即死のリスクを減らすことはできる。

無難な対策はスカーフトリック。どの型のスイクンであっても耐久型に変わりはないので、性能を大きく落とすことができる。
そうなるとやってくることは絶対零度の連打だが、安定行動から相手を運ゲーの土俵に上げられるだけでもかなり有利になれる。


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th~
6th
SM威力命中タイプ分類PP備考
--1ぜったいれいど-30こおり特殊5
11*-ハイドロポンプ11080みず特殊5*XY以降
-1*-じんつうりき80100エスパー特殊20*XY以降
-1*-おいかぜ--ひこう変化30*XY以降
111かみつく60100あく物理25
111にらみつける-100ノーマル変化30
--1バブルこうせん65100みず特殊20
--1あまごい--みず変化5
1188バブルこうせん65100みず特殊20
211515あまごい--みず変化5
312222かぜおこし40100ひこう特殊35
412929オーロラビーム65100こおり特殊20
513636しろいきり--こおり変化30
614343ミラーコート-100エスパー特殊20
-5050こおりのキバ6595こおり物理15
-5757おいかぜ--ひこう変化30
-6464じんつうりき80100エスパー特殊20
717171ハイドロポンプ11080みず特殊5
817878めいそう--エスパー変化20
-85*85ふぶき11070こおり特殊5*Pt以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技37すなあらし--いわ変化10
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技55ねっとう80100みず特殊15
技60さきおくり-100あく変化15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技78じならし60100じめん物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技95バークアウト5595あく特殊15
技98たきのぼり80100みず物理15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘06いわくだき40100かくとう物理15
秘07ダイビング80100みず物理10
第4世代まで
技03みずのはどう60100みず特殊20教え
技23アイアンテール10075はがね物理15教え
技55しおみず65100みず特殊10
技58こらえる--ノーマル変化10
技72ゆきなだれ60100こおり物理10
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05うずしお3585みず特殊15

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
Em/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
アイアンヘッド80100はがね物理15
シグナルビーム75100むし特殊15
HSおいかぜ--ひこう変化30Lv
アイアンテール10075はがね物理15
みずのはどう60100みず特殊20
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emじこあんじ--ノーマル変化10技77
Emこらえる--ノーマル変化10
Emどろかけ20100じめん特殊10
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
ダイビング80100みず物理10秘07
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
HSずつき70100ノーマル物理15

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ぜったいれいど-30こおり特殊5配布(映画「幻影の覇者 ゾロアーク」 前売り券)
エアスラッシュ7595ひこう特殊15配布(映画「幻影の覇者 ゾロアーク」 前売り券)
アクアリング--みず変化20配布(映画「幻影の覇者 ゾロアーク」 前売り券)
しんそく80100ノーマル物理5配布(映画「幻影の覇者 ゾロアーク」 前売り券)

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明